牙狼<GARO>-炎の刻印- 第18話「幻炎 SCAR FLAME」感想

   

レオン白コートで復活。そしてガイヤも復活ですね。

以下、牙狼<GARO>-炎の刻印- 第18話「幻炎 SCAR FLAME」の感想になります。

 

前回のショックをまだ引きずっているんですが、そういえば牙狼の過去作品で死んだけど蘇ったキャラがいるなとふと思い出しました。

牙狼第1期テレビシリーズで魔戒法師の邪美がコダマに殺されて、続編の牙狼スペシャル「白夜の魔獣」で牙狼が魔戒樹を倒して、邪美は蘇りましたよね。

そんな前例があるので、まあ蘇るという可能性をいまだに捨てきれないでいるんですよね。

 

はぁ~、しかもヘルマンはヒメナさんとよろしくやってるし、親子でこの格差はいったいなんなのさww。

 

 

レオンはアルフォンソと戦い、再び牙狼の鎧の継承者として認められるわけですが、今回はこのレオンとアルフォンソの戦い、そしてその後のホラーとの戦いと気合入った作画でした。

しかもさりげなく白コート纏ってるし、ザルバもレオンに喋っているし、ヘルマンにも魔導輪がいるし、唐突すぎないか。

 

ザルバは以前レオンといたときは、炎の刻印を制御するために力を使っていたから話すことができなかったと勝手に解釈しています。
今はレオンがその炎の刻印を克服したから、話せるようになったと。ただザルバの話し方が違和感を感じますね。自分のことを俺様じゃなくて我と話したり。

 

今回レオンは炎の刻印を克服したわけですが、そもそも炎の刻印ってなんで必要だったのかな?

アンナがレオンを守るために残したものでもあるとされていますが、怒りや憎しみと言った負の感情に流されてしまうこともあるならない方がいいじゃんとも思ったわけですが。

まあ結果的に炎の刻印はララを失って無力感に苛まれているレオンに喝を入れる形になって、それを克服したレオンは守りし者としての使命に目覚めたわけですが。

 

牙狼<GARO>-炎の刻印- 第18話「幻炎 SCAR FLAME」の感想は以上になります。

次回はエマと因縁あるホラーがいよいよ登場ですかね?

ではまた。

 - 2015年アニメ, 牙狼<GARO>