牙狼<GARO>-炎の刻印- 第23話「月夜 DOOM」感想

   

クライマックスに向けて盛り上がってきましたね。やっぱり牙狼シリーズのこのクライマックスに向けての絶望感はいいね。

以下、牙狼<GARO>-炎の刻印- 第23話「月夜 DOOM」の感想になります。

 

ついにホラー・アニマが復活して、もはや牙狼シリーズ恒例となった気がしますが、ホラー・アニマの体は女性でしたねww。これまでの牙狼シリーズのラスボスもほとんどが女性の肉体でしたからね。

違うのは牙狼<GARO>-白夜の魔獣-でのレギュレイスと牙狼<GARO>-闇を照らす者-のゼドムくらいですかね。

 

 

またメンドーサによるとヘルマンはホラーに殺されたことになっていますが、本当に死んだのかな?殺されるシーンがなかったから実は生きているんじゃないかと期待しているんですが、どうなるか?

クロス・アンジュで崖から転落して爆発したのに生きてたり、爆弾を体に巻いて自爆したのに生きているなんてことがあったので、もはや生きていてもあまり驚かない自信がありますww。

 

 

ところでこのラスボスのホラー・アニマ撃破の突破口はどこにあるのかな?

例えば、牙狼<GARO>-闇を照らす者-ではゼドムに体内で殺された符礼法師がゼドムの体内に残した魔導筆がゼドム撃破の突破口となったわけですが、

今回のホラー・アニマでは殺されて生贄となったヘルマンの魔戒剣が突破口になるのかな?

ヘルマンが死んでもなお握っていた魔戒剣は今回のラストでレオンがホラー・アニマに吹き飛ばされた時に握っていて、

もう一本はホラー・アニマに通じる入り口に刺さったままなのかな?次回予告を見るとその刺さっていた魔戒剣が突破口になりそうな気がしますね。

 

 

そういえば、今回はガイアやオクタビアの魔獣装甲のひび割れの描写が素晴らしくかっこよかったですね。

あれはやっぱり手描きですよね。

CGはメカや鎧のように線の多いものをやるうえで今では欠かせないものとなっていますが、やっぱり破損描写を苦手としている印象があります。
もちろん時間をかければCGでもできるんでしょうけど、少なくともテレビシリーズでは時間の制約上厳しいんじゃないかなと。

確かに思い返してみると、特撮の牙狼シリーズでは鎧にヒビが入る描写がなかったと思います。唯一あったのが、映画の牙狼<GARO>-蒼哭ノ魔竜-で魔竜の攻撃で牙狼が崩壊していくシーンですかね。

ですので、テレビシリーズで今回のようにひび割れの描写を入れて、戦闘の激しさを伝えるのはアニメだからこそできたことなわけで、やっぱりアニメの長所をきちんと活かせているのは見ていてうれしいですね。

 

次回は最終回ですね。

今回の牙狼もこれまでの牙狼シリーズと同様に絶望感を吹き飛ばす最終回にしてほしいですね。

牙狼<GARO>-炎の刻印- 第23話「月夜 DOOM」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 2015年アニメ, 牙狼<GARO>