牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔 第15話「砦」感想

   

決戦のためジンガとアミリのいるビルに乗り込むことになったわけですが、ガルドが随分と丸くなったなぁと。

以下、牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔 第15話「砦」の感想になります。

 

流牙が仲間と共にジンガとアミリの隠れているビルに乗り込むわけですが、

ここまできちんと好感度やらフラグやらを回収してきたおかげで
無事仲間が揃いましたねww。

 

ダイゴがD・リンゴの店に現れたときは
流牙以外の魔戒騎士に対してガルドがどんな反応を見せるのか気になりましたが、
拒絶反応を示すこともなく、
一人でラダンの封印をしようとしていた時と比べて随分と丸くなったなぁと思いました。

 

むしろダイゴの方が反応が子供っぽいよな。

ただハルナに対してはダイゴもさすがに声を荒げるのは躊躇われているようで
なんかダイゴのハルナに対しての反応が、
これまで男子校育ちで女子に対して免疫のない男子の反応を見ているみたいで面白かったですww。

 

 

それとリュメさまが流牙に話していたジンガとアミリが使う
光を打ち消す闇の力を放つ魔境。

リュメさまが地脈に気を注ぐ儀式の前に文献でその魔境について調べていましたが、
まさかあの魔境がそこまで強力な魔道具だったとは。

っていうかその魔境についてまだ対処法がわかっていないのに
ジンガとアミリに戦いを挑むって
どう考えても死亡フラグなのでは…。

まあラダンの復活まで時間がないとはいえ、
まだ第15話の中盤。

まだまだひと山もふた山もありそうですね。

 

牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔 第15話「砦」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 牙狼<GARO>