牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔 第17話「鏡」感想

   

これは村人たちがクズすぎる…。ジンガとアミリに同情してしまうな。

以下、牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔 第17話「鏡」の感想になります。

 

アミリに人間だったころの意識が戻って過去の話をしていた時は
ホラーに憑依された人間に人間だったころの意識が戻ることなんてあるの?
なんて思っていましたが、演技だったか…。

あそこに莉杏とかリュメ様とかいれば、同じ女として女の演技は見破れそうですが、
まあ男には見破れるわけないですよねww。

 

 

まあでもアミリからホラーになるきっかけの話があったおかげで
ガルドとハルナの過去の話と繋がってきましたね。

正直魔戒騎士が自分の村を襲ったとガルドが話した時点でジンガだと考えてはいましたが、
ジンガとアミリが村人たちを襲う理由は彼らに同情してしまうな。

村人たちがクズすぎる。

ってかあの村にいたらいずれガルドとハルナも生贄にされていたんじゃないか?

そういう意味ではある意味、村を滅ぼしたジンガとアミリに救われたんじゃなかろうかと考えてしまう。

 

 

それとその村人たちから恐れられていたホラーが
牙狼<GARO>-MAKAISENKI-で魔戒騎士見習いの子供たちを捕食した
ライゾンというホラーに似ていましたね。

子供を生贄にしていたという事で
スタッフが意図的にライゾンと似たデザインのホラーにしたのかな?

 

 

ジンガとジンガを追ってきたリュメ様の戦いはドラゴンボールみたいな戦いでした。

基本は格闘戦で、ワイヤーアクションありの、魔導筆による砲撃ありの、結構好みです。

 

次回は戦いの舞台をビルから祭壇に移しての戦いですね。それと流牙も正真正銘流牙だけでの試練ですね。

牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔 第17話「鏡」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 牙狼<GARO>