牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔 第21話「王」感想

   

ダイゴ離脱かぁ~。でも胸を貫かれても生きてるってやっぱり魔戒騎士ってもう人間じゃねえな。

 

流牙もダイゴの傷を見て、「治る傷だぞ」と励ましていましたが、
魔戒騎士の中ではあれは致命傷ではないのがすごいな。

まあもしかしたら嘘でもそう言って励ましていたのかもしれませんが…。

 

そういえば牙狼<GARO>-MAKAISENKI-でも
山刀翼が腹を貫かれても死なずに生きているどころか
最終決戦には復活して戻ってくるっていう人間離れしたことをしていましたよね。

 

ってことはダイゴも最終決戦には傷を治して戻ってくるのかな。

うん、いやまあその最終決戦をもう第16話くらいからやっているんだけどねww。

魔戒ノ花での反省を活かして
メインのキャラたちの描写をじっくりやろうってことなんだろうけど、
今度は逆にじっくりやりすぎて話が全然進んでいる感じがしないww。

第16話くらいから流牙たちは何をしていたの?って聞かれたら、
ずっとジンガとアミリと戦っていたとしか答えられないのが辛いww。

 

 

そういえば流牙の牙狼はもう自力で自由に牙狼闇になって、マントで飛べるのね。

以前の牙狼闇になった回では、私は牙狼闇は今回限定みたいなものだから
クロウさんが貶めれることにはならないと書きましたが、
自力で牙狼闇になれるとしたら、いよいよもってクロウさん涙目やなww。

あと流牙は轟天召喚のための試練をまだ突破していないからか
轟天ではなく、ガルドの術で出た馬に乗っていましたね。

でもよく見ると轟天っぽい3DCGモデルに火のエフェクトがつけられているだけで、
まあこの辺は節約のため仕方ないですよねww。

 

牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔 第21話「王」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 牙狼<GARO>