牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔 第22話「城」感想

   

流牙対ジンガの戦いもいよいよ最終決戦と言ったところですし、阿号も登場と盛り上がってきましたね。

 

という事でラダン復活を阻止しようとする、失敗して復活するという
これまでの牙狼シリーズと同じようにいつものように復活したボスですが、
今回は女体ではなくてラダン城が変形して兵隊のようになっていましたね。

これは牙狼<GARO>-MAKAISENKI-のイデアとか
牙狼<GARO>-蒼哭ノ魔竜-で呉島主任…じゃなかった、カカシが乗っていた移動型の家みたいですね。

 

んで、冒頭に書いたように

流牙とジンガの戦いはかっこよかったですし、

D・リンゴの想いに応えた阿号の登場にも熱くなりましたが、

エキストラでD・リンゴの背中を支える演出は正直イマイチだったな。

 

流牙たちがこれまで守ってきた人間たちが最後には力を合わせて戦ってくれるとか、
ジンガとアミリを絶望させた人間たちばかりではなく守るに値する人間たちもいるとか

そんなところを描きたかったんでしょうし、
いいと思った視聴者の方もいるんでしょうけど、私はなんか冷めちゃいましたね。

せっかく流牙とジンガの戦いがかっこよかっただけに残念でした。

 

やっぱり魔戒騎士や魔戒法師は報われることはなくとも、
人知れず裏で人間を守っている存在という設定に私は拘っているみたいです。

 

牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔 第22話「城」の感想は以上になります。

次回で最終回ですね。

ではまた。

 - 牙狼<GARO>