牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔 第7話「術」感想

   

今回も周回遅れになったかと思いきや、今週の放送は休みでしたね。

以下、牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔 第7話「術」の感想になります。

 

第7話という事で牙狼シリーズでは恒例ともいえる黒幕とのファーストバトルになります。ここでジンガの攻撃に耐えるかボタン連打に成功すると魔戒チャンス突入ですねww。

いや、まあ冗談ですけど、パチンコ化したら大当たり中の演出は本当にそんな感じになりそう。

 

 

アクションは工事現場で使われる足場を利用したアクションで、相変わらず過激なことやっているなと。

ジンガは神牙と書くのね。神の牙という名前なのにもかかわらずホラーになっちゃてるし。ジンガもアミリもホラーでありながら、魔戒騎士と魔戒法師であり、両方の力を使えるパティーンですか。

ジンガは神と名に着くくらいだから、小さいころから魔戒騎士の間で神童と謳われていたけどそれ故に力のない者を見下し、助ける価値がないと思っていて、その邪心に付け込まれてホラーになったとかそんな感じと勝手に妄想してますww。

まあただそれだけだとホラーになる理由にはなるけど、ラダンの復活を目論む理由がわからないんですよね。

まあその辺はおいおい語られることを期待して。

 

 

それと流牙はこれまでジンガの行いに怒りをあらわにしていただけに今回ジンガしか見えてなくて莉杏の助力を断るシーンがありましたね。

これといい秋月ダイゴに指摘された事といい、後々の伏線になるのかな。

心滅とかホラー化とか。

 

ラストは魔戒法師のガルドが介入して法剣を奪取して終わり。

前回のD・リンゴへのアドバイスといい、味方のように見えますが、はたして。次回は予告を見る限り流牙たちとガルドのやりとりがあるみたいですが。

牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔 第7話「術」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 牙狼<GARO>