牙狼 -紅蓮ノ月- 第11話「斬牙」感想

   

今回登場した白蓮騎士斬牙、白夜騎士打無を思わせる白銀のデザインでかっこよかったですね。

 

冒頭、袴垂は天戒丸と言われる大義賊に呼び出され、彼の下に向かうわけですが、古の都・南都と言っていますからおそらく奈良の平城京のことですかね。

天戒丸はそこに拠点を張り、大義賊として盗賊たちを束ねていると。

そして天戒丸は元は藤原時忠であったが、道長に疎んじられ、その名を捨て、京の都を離れたと。

 

私は前回の記事で道長は魔戒騎士たちが自分に敵対することを警戒して、京の都から遠ざけたのではないかという予想を書きましたが、今回の道長の反応を見る限り、牙狼以外に他の魔戒騎士がいたことを知っている反応ではありませんでしたね。

道長は牙狼の鎧さえ手に入れば問題ないと考えていたけれど、どうやら手に入りそうもなく、今になって必死に他の魔戒騎士を探しているってところかな?

 

あと、星明が雷吼にかけている封印を雷吼は嫌がっていますが、なんだかんだでこの封印のおかげで道長が雷吼に手出しできなくなっているのも事実なんですよね。

星明は口に出していませんし、周りから言われても否定してますが、この封印は雷吼を道長から守るために苦肉の策なのかもしれませんね。

 

©2015「紅蓮ノ月」 雨宮慶太 / 東北新社  GARO PROJECT

©2015「紅蓮ノ月」 雨宮慶太 / 東北新社 GARO PROJECT

んで、冒頭でも書いたように白蓮騎士斬牙ですよ。しかも袴垂が身に付けている魔導輪ゴルバも白夜騎士打無である山刀翼がつけている魔導輪と同じ名前だしww。

ソウルメタルの魔戒剣をまともに持つことすらできなかった袴垂がいつの間にか扱えるようになっていて、いったいいつの間にこんな鍛錬をしたんだというツッコミはさておきww、

斬牙、かっこいいですね。
蹴鞠が得意な袴垂らしい蹴り技を繰り出して、河童のホラーの頭の皿を蹴り割っていましたし、作画も斬牙の初登場という事もあってか気合が入っていたように思います。

 

あと、今回のホラーを河童にしたのはもしかして袴垂が河童の討伐したという逸話でも残っているからなのかな?

まあなにはともあれ、これで魔戒騎士2人はどちらも道長の思い通りにはなりそうにはないわけで、これに対して道長がどんな行動を起こすのか楽しみですね。

 

牙狼 -紅蓮ノ月- 第11話「斬牙」の感想は以上になります。

次回は炎の刻印でも話題になった鍋回ですねww。

どんなアフレコ裏話が聞けるか楽しみです。

ではまた。

 - 2015年アニメ, 牙狼<GARO>