牙狼 -紅蓮ノ月- 第2話「縁刀」感想

   

雷吼の本名が明らかになりましたね。ちょっと調べてみましたが、やはり実在の人物でした。

 

エンディング後、道魔法師が蘆屋道満に雷吼の本名は源頼光だと言っていましたね。

源頼光はらいこうと有職読みされることがあるそうで、
また坂田金時らとバケモノ退治をしていたという逸話が残っているので確定的ですね。

 

さらに源頼光の父は源満仲で牙狼劇中ではすでに出家しているので
多田新発意という名で登場することになっています。

また弟に源頼信も登場しますというか今回の第2話でちょろっと登場しましたね。
星明に頬を赤くしていた人物です。

声優は牙狼-炎の刻印-でアルフォンソを演じた野村勝人さんが演じてますね。
牙狼-炎の刻印-のアルフォンソの時と同様、今回の牙狼でも主人公と兄弟ってことになるのか。

まあまだ道魔法師が雷吼が源頼光だと言っただけですから
それ以外のことはこれから明かされるとは思います。

やはり一番の謎はなぜ雷吼が雪の中、心滅獣身の状態で捨てられていたのかですね。

 

 

あとさ、道魔法師と蘆屋道満って同一人物だと言われている説と別人だと言われている説があるようですね。

しかも朴璐美さんが演じる星明がてっきり安部晴明だと思っていましたが、
今作の牙狼には安倍晴明(あべのはるあき)と言う人物もいるみたいですね。

道魔法師を演じる土師孝也さんは-炎の刻印-でメンドーサを演じてましたし、
安倍晴明(あべのはるあき)を演じる天神英貴は-炎の刻印-ではラファエロを演じてましたよね。

星明に安倍晴明、蘆屋道満に道魔法師。
なんか星明以外みんな死にそうww。

 

 

それと雷吼は第1話を見た時は未熟で
自分一人の力では牙狼の鎧を召喚できないのかなと思いましたが、

今回の第2話を見る限り、未熟と言うよりなんか星明が封印を掛けていて
必要と判断した時のみ封印を解いているみたいに見えますね。

この辺も気になります。

 

 

最後に地味に驚いたシーン。

©2015「紅蓮ノ月」 雨宮慶太 / 東北新社  GARO PROJECT

©2015「紅蓮ノ月」 雨宮慶太 / 東北新社 GARO PROJECT

でもまあ熊と相撲を取るくらいですから雷吼を持ち上げるくらい楽勝なのか…。

 

牙狼 -紅蓮ノ月- 第2話「縁刀」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 2015年アニメ, 牙狼<GARO>