特撮「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」 第17話 感想 ※追記あり

   

特撮「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」第17話が放送されました。
今回の「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」第17話はこれまでのストーリーを金城㴞星の視点で振り返るというストーリーで、金城㴞星が裏で何を考え暗躍していたのかが描かれていました。
ということなので、前回まではまだ完全に信じていませんでしたが、今回のこの話で金城㴞星がこのボルシティを支配しようとしていた黒幕であることが確定しましたね。
金城憲水は金城㴞星に殺されてしまいましたしね。というか金城一族すべて殺されてしまいました。
(※関連:特撮「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」 第16話 感想)
(※関連特撮「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」 第18話 感想追加しました。)
ということで特撮「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」第17話の感想を書こうと思います。


以下感想
結局のところ金城㴞星の目的はボルシティを支配することで、そのためには強力なしもべがいると。だから、黄金騎士牙狼にプラントを植え付け、魔導ホラーにしようとしていたんですね。
んで、今までは流牙に隙がないから裏で暗躍してなんとかプラントを流牙に植え付けようとしていたけど、金城憲水により自分が黒幕だとバレてしまったので、今回の「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」第17話ラストでついに表舞台に出て来たといったところでしょうか。
今回のストーリーとしては今までの振り返りではありますが、今までよくわからなかった言動が明らかになったり、流牙たちの活躍の裏での金城㴞星の暗躍がわかる回でとてもスッキリできて面白い回だったと思います。ストーリーの謎的な意味ではね…。
ちなみに金城㴞星だけで兄弟の中で母親が違っていたようで。、やっぱり歪んだ少年時代だったってことでしょう。
金城㴞星が燕邦にドリンクを飲ませるシーンが実際に「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」第4話を観かえしてみましたが、本当にテーブルにグラスの水滴のあとが2つありましたし、金城㴞星がバンドエイドを付けてましたね。
んなの指摘されなきゃ気付かねえっての!!
これ、あの時から気づいていた人いるんですかね?いたら素晴らしい!!
あと、女神像から流れる歌声はゼドムへのレクイエムだとハイエナが言っていましたが、魔導ホラーへの目覚めを促したりもするんですね。
さらにそのレクイエムの歌い手がプラントを生み出しているんですね~。しかも生み出せる数には限りがあると。
前回の「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」第16話でのザルバと符礼法師のプラントの説明ではイマイチイメージが湧きませんでしたが、今回の歌姫のような感じでゼドムの種からプラントを育てていると言うわけなんですね。
んで、ゼドムの種だって歌姫の体内に吸収できる数に限りがあるから、育てるプラントにも限りがあると。まあ当然っちゃ当然ですね。
しかしながら、プラントを育てるのは歌姫の様子から見るにかなり事みたいですね。
そして、金城一族は全滅と。
これ子供とか一人くらいは生き延びさせてあげてもいいじゃないかと思うわけですが、「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」はというか牙狼シリーズはそんなモブキャラ達に甘くありませんでした。
もうリベラの笑顔が怖すぎますわ。
表舞台に立った金城㴞星のせいで流牙だけでなく、ほかの仲間も指名手配されることになったわけですが、これ、猛竜と類の関係はどうなってしまうのかも気になります。
次回は流牙、猛竜、哀空吏の三騎士と尊士、リベラ、燕邦の魔導ホラーによるバトルみたいで、かなり盛り上がりそうな様子で、楽しみです。
しかしながら、気になるのは金城㴞星は人間だってことなんですよね。
金城㴞星は流牙が魔導火を使って調べているので、陰我ホラーではないですし、もし魔導ホラーだったら誰かに従っているわけなので、人間だと思われるわけです。
「牙狼<GARO>~MAKAISENKI~」で涼邑零が言っているように魔戒騎士はどんなゲスなやつでも人間は斬らずホラーしか斬らないわけですので、流牙たちは金城㴞星をどうするんでしょう?
まあ金城㴞星はきっと復活したゼドムに喰われることになるんでしょうかね。

 - 牙狼<GARO>