特撮「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」 第23話 感想 ※追記あり

   

特撮「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」第23話の感想です。
今回の「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」第23話はいよいよ尊士との決着回です。そしてついに牙狼の鎧が黄金に?
いやはやテンションが高まりますね。
(※関連:特撮「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」 第22話 感想)
(※追記特撮「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」 第24話・本編最終回 感想)
ということで特撮「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」第23話の感想を書こうと思います。


以下感想
倉庫街で尊士と戦闘をはじめる猛竜、哀空吏。そこへ流牙も駆けつける。
一方符礼法師は単身ゼドムの内部で侵入。そこでゼドムに自分の身を差し出す代わりに鎮まれと呼びかける。しかしゼドムが欲しているのは若い騎士の肉体のみ。符礼法師はゼドムにあっさりと消滅させられてしまう。
流牙は符礼法師が未来を自分たちに託したことを皆に話し、尊士との戦闘に加わる。
尊士は戦闘を避け、滔星のところに戻ろうとするが、復活を始めたゼドムの若い魔戒騎士の肉体を手に入れよという命令に尊士は従わされ流牙たちと戦闘になる。
なんといっても一番驚いたのは符礼法師があっさりと消滅してしまったことですよね。
これまでことごとく生き残ってきた符礼法師だけに今回のゼドムとの接触もたとえ死んでしまうにしても最後までしぶといんだろうなと思っていただけにビックリしました。
符礼法師の出番はこれで完全に終了なんですかね。これで終わるとは思えませんが…。
対してゼドムはいよいよ復活といったところですね。
今までは特に介入をしてきませんでしたが、尊士の意思を捻じ曲げてまで流牙たち魔戒騎士を狙いに来ましたから。
なんかもうここまでくると本当の尊士が哀れで仕方がないっすわ。
1対1では尊士に敵わなくとも流牙たちは連携で尊士を追い込み、ついに尊士は剣を抜くことになる。剣を抜いた尊士をも追い詰め、最後は尊士と流牙の肉弾戦に。
その肉弾戦を流牙は制し、尊士を倒してついに牙狼の鎧に黄金が戻ることになる。
そして魔戒剣の鞘も牙狼の鎧を受け継いだ証として赤く染まった。

この尊士との戦闘シーンは車を2台やら倉庫やらを使ってすごい派手でしたね。
どこまでが役者さんがやって、どこからスタントマンがやったのかよくわかりませんが、もう本当に見ている方が怖くなるくらいのアクションでした。
あんなのアクションは毎週放送のドラマでは見れないですよね。映画じゃないと見れないレベルだったかと。
最後の流牙と尊士の肉弾戦もグッド!!
最後にこの肉弾戦を持ってきてくれたのは本当にうれしい。やっぱり剣による斬りあいより肉弾戦の方が重厚感があって好きです。
牙狼の鎧に黄金が戻るのは本当にやっと待ちわびた時が来たって感じで鳥肌が立ちましたね。
そしておそらく完全に黄金になった牙狼はCGじゃなくてスーツですよね?やっぱりスーツもいいですね。
牙狼の目は大河が赤、鋼牙が緑、流牙は金のようですね。
ついに黄金の輝きを取り戻した牙狼。
しかしゼドムは尊士の遺体を吸収、そして波奏がホラーとなるのも間近であった。
波奏はホラーとなってしまう前に自ら流牙の魔戒剣を突き刺し死ぬことを選んだのだった。
波奏の遺体をSG1に任せ、流牙たちはゼドムの下へ向かう。
それを見ていた滔星はSG1に合流、自らを護衛するように指示。
ゼドムはついに姿を現し、流牙たちと戦闘となる。
滔星はさらっとSG1と合流して自分を警護するように指示するとはさすがだわ。そういえば化け物として追われていたのはリベラだけでしたからね。
しかも波奏の遺体を見て何を考えていたのやら。波奏は死んでしまったわけですが、なんかまだ安らかに眠れそうにない雰囲気ですね。
ゼドムはキューブがいくつも集合して姿が作られているデザインでした。
しかも軍服姿って。なんか姿が意外すぎてしばらく頭が真っ白でした。これ第2形態とかあるんでしょうか。
次回はゼドムとの最終決戦です。
黄金の輝きを取り戻した牙狼、符礼法師からそれぞれソウルメタルの義手、鏃を受け取った、猛竜、哀空吏の3人がどうやってゼドムと戦うのか楽しみですね。
あ、そういえば莉杏も符礼法師から羅号を操る術を教わっていましたね。
まあゼドム以外にも懸念事項はありますが、主に滔星とか。
ということでまた次回。

 - 牙狼<GARO>