特撮「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」 第25話・SPECIAL EPISODE 感想

   

特撮「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」第25話・SPECIAL EPISODEの感想です。
「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」に至るまでの符礼法師メインの物語です。この第25話・SPECIAL EPISODEを見てからもう一度「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」を見返すとまた違った見方ができて面白いそんなお話です。
(※関連:特撮「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」 第24話・本編最終回 感想)
ということで特撮「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」第25話・SPECIAL EPISODEの感想を書こうと思います。


以下感想
ゼドムの儀式の最中に現れた滔星に波奏を連れ去られ、尊士が魔導ホラーにされてしまい、死にゆく莉杏の父に莉杏を託された符礼法師が一人帰還するところから物語はスタートします。
帰還した符礼法師は莉杏に父のことを説明し、莉杏の面倒を見ることになります。
しかし符礼法師も波奏を連れて帰れなかったことを後悔しており、余裕がなくなっていました。
魔戒法師のオウマはそんな符礼法師を自分を責めるなと気遣います。
それでも自分を責める符礼法師は流牙と莉杏を閑岱に送ることを決めます。
オウマという符礼法師の仲間の魔戒法師が登場します。
なぜ「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」本編で登場させなかったしww。
ま、まあいろいろ大人の事情があるんだから、深く追求するのはやめておこう。
それとこの時代でも閑岱は魔戒法師の里として健在でしたか。
オウマは莉杏を子供のうちから閑岱に送り出すことに反対していましたが、「牙狼<GARO>~MAKAISENKI~」では子供たちが修行していましたよね。
莉杏を閑岱に送る日、莉杏をオウマに任せ送り出した符礼法師は自殺しようとします。それを止めたのはオウマでした。自暴自棄になる符礼法師をオウマは殴り、突き放します。
しかしそれを見ていた莉杏は父の髪飾りを置いて何処かへ行ってしまいます。
符礼法師とオウマの2人で探しますが、見つかりません。結局莉杏は部屋に戻っており、器に移る流牙に父親のような1人前の魔戒法師になると話しかけていました。そしてジンケイに伝わる歌を歌いだします。
それを聞いていた符礼法師とオウマは昔を懐かしみ、かつて英霊の塔で牙狼の鎧を見たこと、導師が涙ながらに大きな戦いで人々を守るために牙狼はすべての金の輝きを放ったと語ったこと、波奏がもう一度金色に戻りたいという牙狼の声を聞き、歌を歌ったことを思い出します。
そして符礼法師は死んで逃げようとしていた自分を改め、流牙と莉杏を育てることを決心するのだった。
流牙と莉杏を育てた符礼法師は自暴自棄になって自殺しようとまでしていて、実は救われたの符礼法師の方だった。というお話ですね。
んで、流牙と莉杏は出会う前から出会っていたということですね。
「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」第11話から流牙と莉杏を無理やりくっつける気満々な感じでしたが、二人がくっつくのは運命だったということですね。
それとようやく牙狼が黄金の輝きを失っていた理由が語られましたね。
なんかとってつけた説明な感じが拭えませんが、取り合えず語られて一安心。これを知りたいがために見ていたといっても過言ではありませんからね。
本当は「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」本編できちんと映像も交えて見たかったというのが本音ですが。
ついでに言うとその戦いで牙狼の継承者が死んでしまったか、死ぬとまではいかなくても再起不能になってしまったため、牙狼の称号が継承されずにいたんでしょうね。
流牙がもともと牙狼の称号を継ぐはずだった正当な後継者なのか、後継者が不在だったため名乗り出たのかは流牙の父親の正体が明らかになっていないのでわかりませんが。
10年後、牙狼剣を引き抜いた流牙。莉杏は閑岱での修業を終え帰ってきました。
符礼法師は魔戒騎士も魔戒法師もいない無法地帯のボルシティに行くことを告げ、莉杏にも協力を要請します。
莉杏は快諾。こうして符礼法師の下に流牙、莉杏、猛竜、哀空吏が集い、ボルシティでの戦いが始まることとなります。
符礼法師がボルシティに行くことを決意したのはゼドムの腕塚などの遺跡があり、そこでさらわれた波奏はボルシティにいる可能性が高いと判断したからでしょう。
もちろん単純に無法地帯のままホラーたちをのさばらせておきたくなかったからなのかもしれませんが。
でもなぜ番犬所はボルシティが無法地帯になるまで放置していたんだとツッコミたくなりますね。
符礼法師たちが行ったゼドムの儀式が失敗して、しかも尊士が魔導ホラーにされてしまったのは全てとまではいかなくともある程度は把握していたはず。
それなのに魔戒騎士を誰も派遣せず放置していたのはいかんでしょ。
まあ尊士が魔導ホラーになってからも魔戒騎士にふりをして番犬所に異変がないと報告していた可能性も無きにしもあらずですが。
ということで「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」に関しての感想はこれで本当のおしまい。
今まで「牙狼<GARO>~闇を照らす者~」の感想を呼んでくださった方ありがとうございました。2期が実現したらまた感想を書きたいですね。
とりあえず次に牙狼関係で感想を書くことになるのは、「絶狼<ZERO>」ですね。
ということでまた。

 - 牙狼<GARO>