運転免許更新 交通安全協会費について

   

昨日運転免許更新に行ってきました。
私は以前に一度、右折禁止のところで右折してしまい違反をとられていたので、
1時間「一般運転者講習」を受けることになりました。
今日記事にしたのは、皆さん「優良運転者講習」を受けられるように違反をしないようにしましょう。
ではなく。まあもちろん大事なことですが、そんなことわたしが言うまでもなく当たり前のことですし。
今回記事にしたのは運転免許更新の手数料に関してです。


運転免許更新の手数料は今回の私のように「一般運転者講習」だと、
更新料に2500円、講習料に950円の合計3450円かかるわけですが、
どうやら調べたところによると交通安全協会費なるものも徴収する免許センターや警察署もあるそうです。
交通安全協会費は交通安全協会が交通安全のためにということで徴収しているわけですが、
そもそも交通安全協会は警察幹部の天下り先であり、会費のほとんどが給与や退職金になっているそうです。

また、交通安全協会に加入するメリットは特にありません。
交通安全協会費の徴収は運転免許更新の際に窓口で行われてきましたが、
長年にわたり詐欺まがいの集金方法でした。
そのため行政から、
運転免許更新の窓口と交通安全協会費徴収の窓口を別にするよう指導が入り改善が見られたそうです。
ということで交通安全協会費を強制的に徴収されることは無くなったと思いますが、
交通安全協会費の支払いをお願いされることはまだあるらしいので(窓口が別になったのになぜ?)、
交通安全協会に加入する意思がなければきっぱり断りましょう!!
ちなみに交通安全協会に加入している警察官はいないそうです。交通安全に意味がないことを知っているので。
ということを運転免許の前に事前に調べて免許センターに乗り込んだわけですけど、
私の地域の免許センターでは交通安全協会費の支払いをお願いされることはありませんでした。
無駄に気を使うことがなくてよかった、よかった。
(※参照:払わなくてもいい!?免許更新の謎費用「交通安全協会費」)
(※参照:交通安全協会Wikipedia)

 - 自転車・サイクリング