<アニメ>ガンダムビルドファイターズ 第13話「バトルウェポン」 あらすじと感想 ※追記あり

   

<アニメ>ガンダムビルドファイターズの第13話「バトルウェポン」のあらすじと感想です。
ピッチャーマウンドに立つスタービルドストライクガンダム、そしてバッターボックスに立つアビゴルバイン。シュールすぎるww。
(※関連:<アニメ>ガンダムビルドファイターズ 第12話「ディスチャージ」 あらすじと感想)
(※追記<アニメ>ガンダムビルドファイターズ 第14話「暗号名(コードネーム)C」 あらすじと感想追加しました。)
という事で<アニメ>ガンダムビルドファイターズの第13話「バトルウェポン」のあらすじと感想を書こうと思います。


以下あらすじと感想
・チンピラに絡まれ、レイジは追い払ったが右腕を負傷してしまっていた。またコウサカ・チナは静岡にセイとレイジの応援で駆けつけていた。
チナをセイとラルさんが迎えに行った場所って静岡駅の北口っぽかったですね。その時の建物の看板が「PORCHE」となっていましたが、おそらく「PARCHE」のことでしょうし。
セイとチナ、レイジとアイラの会話が見れてましたね。特にレイジとアイラはガンプラ選手権世界大会が始まってからの出会いでしたが、急速に距離が縮まっていますね。
レイジと会話しているときのアイラの表情が本当に素晴らしい。
・第3ピリオドはオリジナルウェポンバトル。くじ引きで引き当てた武器のみを使っての1対1の対戦となる。
セイとレイジはPPSE社のマシタ会長の指示で秘書のベイカーが裏で細工をすることにより、タイ代表のルワン・ダラーラとの対戦が決定する。
強豪たちは順当に対戦相手を撃破していき、ついにルワン・ダラーラとの対戦が回ってくる。
セイとレイジに与えられたウェポンはボール、グローブ、サンバイザーであった。フィールドも野球場に変化し、スタービルドストライクガンダムがピッチャー、ルワン・ダラーラのアビゴルバインがバッターでの野球勝負が行われることに。
この野球勝負も秘書のベイカーが裏で細工した結果によるもので、ルワン・ダラーラは元タイ代表のベースボールプレーヤーでメジャーからの誘いもあるほどの腕前であった。
しかしルワン・ダラーラはわざとファールボールを打ち、レイジがもっとも威力のあるボールを投げ込むのを待つのであった。
2球目はピッチャーライナーだったが、ボールが消滅したため無効となる。しかしピッチャーライナーを受けたスタービルドストライクガンダムの左腕は吹っ飛んでしまった。さらに元々右腕を負傷していたレイジはさらに右腕を痛めてしまう。
そこで3球目はスタービルドストライクガンダムの第3のシステム?のRGシステムを発動し、出力を右腕に集中しボールを投げ込む。
その球をルワン・ダラーラはバットで捉えるが、そのまま吹き飛ばされ、セイとレイジの勝利となった。
スタービルドストライクガンダムとアビゴルバインの顔がパイロットになる演出はGガンダムを思い出しますね。
野球対決ということで飛び抜けてギャグ要素満点な回でしたが、同時にルワン・ダラーラのキャラも相まって熱い回でした。
PPSE社のマシタ会長の策略がウザったく感じてしまい、正々堂々のバトルを見せろと思うわけですが、そういった想いを吹き飛ばしてくれるくらいルワン・ダラーラが気持ちのいい性格で見ていてすがすがしい気分になりましたね。
まあガンプラで野球なんかやってないでバトルをしてくれという意見もありそうですが、個人的には全然ありですね。そもそもガンプラの出来と操縦技術を競うのならば、バトルだけでなくこういった趣向もあって然るべきですしね。
しかもスポーツならバトルと違ってそこまでガンプラも壊れないですしね。まあスタービルドストライクガンダムは左腕が思いっきり吹っ飛んでいましたけどww。
それと、さりげなくスタービルドストライクガンダムの第3のシステムであるRGシステムが使われましたね。
アニメの映像を見る限りだと「RADIAL GENERAL PURPOSE SYSTEM」でRGシステムみたいですが、どういった性能なんだろう?よくわかりません。

単純に機体性能が一定時間跳ね上がるだけなのかな?
まあニルス・ニールセンあたりがまた解説してくれるでしょ。
・ガンプラバトル終了後、アイラは同じくガンプラバトルで勝利し医務室に向かうレイジを目撃するのだった。
今回の前半で会った時も自己紹介をしなかったわけですが、それは今回のラストでアイラがレイジのことをガンプラバトル選手権世界大会の参加者だと知り、一方でレイジはアイラが何者なのか知らないという状況を作り出すためだったんですね。
もしレイジがアイラから名前を聞いていて、セイやラルさんに話していたら、フィンランド代表だと発覚するでしょうしね。
ということで次回以降、アイラがレイジにどういう態度になるのか楽しみですね。そして次回のガンプラバトルは水中戦かな?
という事でまた次回。

 - ガンダム