<アニメ>ガンダムビルドファイターズ 第20話「裏切りのアイラ」 あらすじと感想 ※追記あり

   

そういえば、ガンダムUCの第7章ではフル・フロンタルはネオジオングなる機体に登場するらしいですね。そのネオジオングのデザインが公開されていましたけど、正直う~ん…って感じで、ちょっと不安です。
あと、ガンダム00のティエリア・アーデの女装バージョンがフィギュア化されるそうで。投票の結果らしいですが、個人的にはフェルト・グレイスをフィギュア化してほしかった。
(※関連:<アニメ>ガンダムビルドファイターズ 第19話「アストレイの刃」 あらすじと感想)
(※追記<アニメ>ガンダムビルドファイターズ 第21話「きらめく粒子の中で」 あらすじと感想追加しました。)
という事で<アニメ>ガンダムビルドファイターズの第20話「裏切りのアイラ」のあらすじと感想を書こうと思います。


以下あらすじと感想
・PPSE社は主任であるアランの指示で制作中のガンプラの投入を決定。
プトレマイオスに格納されていたのはまだ制作途中でフレームしかできていませんが、エクシアっぽいですね。
OPのマシタ会長の後ろのシルエットのみ映っているガンプラがおそらくこのエクシアなんでしょう。
んで、このエクシアがアランの最終調整によってエクシアダークマターという赤いガンプラになり、メイジン・カワグチが使うことになるんでしょうかね。
まあメイジン・カワグチはユウキ・タツヤなので最後は赤いガンプラになるってことなのかな。
・フィンランド代表チームネメシスの会長がフラナ機関に多額の出資をしてまでガンプラバトル選手権世界大会で優勝したいのは孫の誕生日に優勝トロフィーをプレゼントするためであった。
どんな理由なのか今回やっと明かされたと思ったら本当にしょうもない理由だったww。
まあブロリストでありパラガストである私からしたら家弓家正さんのボイスが聞けて嬉しすぎて勝手にテンションが上がってましたけどね。
・アイラ・ユルキアイネンのキュベレイハピヨンとリカルド・フェリーニのウイングガンダムフェニーチェの対戦がスタート。
アイラはこのガンプラバトルに勝利すると次はレイジと対戦しなければならないと思い詰めておりガンプラバトルに集中できていない。そのためチームネメシスで使用しているエンボディシステムの数値が上がらずファンネルの操作スピードも落ちてしまっていた。
その隙をフェリーニのウイングガンダムフェニーチェがつき、クリアファンネルをすべて破壊するのだった。
キュベレイパピヨンのファンネルがやけに他のガンプラのファンネルより強力だったのはチームネメシスのエンボディシステムにより操作性が向上していたのと、クリアパーツでファンネルを作成しており、ほとんど見えない状態だったからなんですね。
・この状況を見かねたチームネメシスの会長がエンボディシステムの数値を引き上げるために出力を上げることを指示する。
これにより形勢は一気に逆転。遅刻してきたセイ達が着いた頃にはほとんど勝敗は決していた。
それでも諦めないフェリーニはキュベレイパピヨンを巻き込んでウイングガンダムフェニーチェを自爆させようとするが、キララの言葉で思い留まり、フェリーニはバトルを棄権する。
セイとレイジがいろんなガンプラファイターと戦っていくたびにどんどん仲良くなっていく感じがいいですね。昨日の敵は今日の友って感じで。
アイラともそうなれるといいな。
それにしてもセイのアムロ顔は爆笑したわww。しかもセリフだけでなくブライトさんに殴られているアムロの演技までしているんですから催眠療法恐るべしww。
それとニルスww。バカと天才は紙一重ってことですかね。
あと、フェリーニとキララ。何この夫婦。もう早く結婚しろ!!
ってかキララのファンでガンプラバトル用のガーベラテトラまで作ってくれたあの2人が可哀想すぎるでしょ。
あの2人は放送されているテレビの前で泣いてそうですねww。
・フェリーニが棄権したことでアイラが勝利となったが、アイラはエンボディシステムの数値を無理に高めたことですでに意識失っており暴走。
たまらずレイジが自作のビギニングガンダムで止めに入るが、そのビギニングガンダムですらも一瞬で撃破してしまうのだった。
ガンプラバトルシステムが停止した後、アイラの下に駆け寄るレイジ。アイラのヘルメットが破壊されたことでアイラの顔をうかがうことができ、レイジはアイラの正体を知るのだった。
後半はセイ、レイジ、マオ、ニルスの4人で賑やかに騒いでいた前半とは対照的なものになりましたね。
フェリーニが棄権したにもかかわらず、フェニーチェへの攻撃をやめないアイラは失格にはならないのかとか、
フェリーニの棄権後とはいえ、いきなりガンプラバトルに乱入したレイジも失格にならないのかなどツッコミどころはありますが、
このレイジのアイラへの感情が最悪の状態からこの後のガンプラバトルを経てどう変化していくのか楽しみです。
もちろんアイラのレイジへの後ろめたい感情がどう変わっていくのかも楽しみですね。
ということで次回はセイ&レイジ組対アイラの準決勝です。ではまた次回。

 - ガンダム