<アニメ>ガンダムビルドファイターズ 第24話「ダークマター」 あらすじと感想

   

富野監督のガンダム最新作GのレコンギスタのPVが公開されましたね。キャラデザからしてエウレカセブンにしか見えないわけですけどね。
以下、<アニメ>ガンダムビルドファイターズの第24話「ダークマター」のあらすじと感想になります。


・3代目メイジン・カワグチがまるで2代目メイジン・カワグチのような殺気を纏っていることに驚く面々。
実はガンプラバトル選手権世界大会決勝戦前夜にマシタ会長とフラナ機関のナイン・バルトによって意識を乗っ取られてしまっていた。
マシタ会長の勝利への執念を地下の巨大アリスタで増幅し、フラナ機関の改良型エンボディでそれを行っていた。
マシタ会長は最後の最後でようやく本気出してセイとレイジの優勝を阻止しに来ましたね。
一晩でどうしたらアメイジングエクシアが180度どうしたらあそこまでデザインが変わるのかとか、
プラフスキー粒子を視覚化できるシステムであるエンボディシステムがいつの間にか意識を乗っ取るシステムになっていたとか、
ツッコミどころは相変わらず満載なわけですが。
しかもマシタ会長はあちらの世界ではただのコソ泥だったわけで、レイジがマシタ会長の顔を知っているわけがないというね。
しかもベイカーちゃんはコスプレイヤーだったのね。
・意識を乗っ取られたメイジン・カワグチの執拗な攻撃だけでなく、バトル中のフィールドの変更といった妨害もあり、窮地に陥るスタービルドストライク。
同じくアリスタを持つアイラからメイジン・カワグチが操られていることを知り、バトルを中止するべきか迷うセイに対してレイジはガンプラバトルで決着をつけるべきだと言い、セイの迷いを払う。
スタービルドストライクはアクアモードでダークマターブースターを破壊し、RGシステムでトランザムのエクシアダークマターを撃破するのだった。
これによりセイ&レイジが優勝者となるが、その後地下の巨大アリスタが輝きだし暴走し始め、ア・バオア・クーが出現するのだった。
スタービルドストライクがダークマターブースターを破壊した攻撃方法はアクアモードですよね?まさか決勝戦になってようやく見れることになるとは思わなかったです。
アクアモードの効果は攻撃を当てた対象の動きを止める効果なのかな。
ってかバトルの序盤にアブソーブシールドが久しぶりに仕事したと思ったら、ライフルモードで攻撃するとは思わなかったです。
やっぱりプラフスキーウイングだとバトルの演出が難しいですよね~。
エクシアダークマターは本家エクシアのように近接武装が豊富でかっこよかったわけですが、ダークマターブースターを分離して使用しているときはエクシア本体は隙だらけなんじゃないか思わずにはいられませんでした。
次回は最終回ですね。これまでに登場したガンプラが一斉に登場してお祭り状態になるでしょうから楽しみです。という事でまた次回。

 - ガンダム