<アニメ>ガンダムビルドファイターズ 第4話「ガンプラアイドル キララ☆」 あらすじと感想 ※追記あり

   

<アニメ>ガンダムビルドファイターズの第4話「ガンプラアイドル キララ☆」のあらすじと感想です。
キララはステージに上がるときのピンク髪のアイドルの恰好より、ミホシさんとしてイオリ模型店に来てセイに近づいたときの恰好の方が可愛いと思うのだけれど…。
(※関連:<アニメ>ガンダムビルドファイターズ 第3話「フルパッケージ」 感想)
(※追記<アニメ>ガンダムビルドファイターズ 第5話「最強ビルダー」 あらすじと感想追加しました。)
ということで<アニメ>ガンダムビルドファイターズの第4話「ガンプラアイドル キララ☆」のあらすじと感想を書こうと思います。


以下あらすじと感想
ジェリドとカクリンコンみたいな2人組のマラサイを撃破し、見事2回戦も突破したセイとレイジのコンビはガンプラバトル選手権の3回戦へと駒を進める。
セイとレイジの2回戦はアバンタイトルで片付いてしまいましたね。まあ相手が汚名"挽回"のジェリドですからいつも通りと言えばいつも通りな気がしますがww。
3回戦を控え、いつものようにイオリ模型店で店番をするセイの下にとてもガンプラに詳しいミホシさんという女性が訪れて、ガンプラ談義に盛り上がる。
セイにガンプラの作り方を教えてもらおうとイオリ模型店を訪れたコウサカ・チナは偶然にもそれを見かけてしまい、そのまま帰ってしまう。
翌日の学校でセイからあの時の女性はただのお客さんだと言われて安心していたコウサカ・チナだったが、その日の学校の帰り道でその女性がセイに話しかけているところを見かけ、またも落胆することに。
一方セイとミホシさんは公園で話をすることに。そしてセイはミホシさんにビルドストライクを見せてあげることに。セイは機体の特性などを解説していたが、途中強烈な腹痛に襲われ、トイレに駆け込むことに。
セイのビルドストライクを怪しげに見つめるミホシさんの正体はいったい?
ということで、女性の正体は声で誰だかわかってしまうわけなのですが、権謀術数を仕掛けてきましたね。
まあでも本人は事務所の都合で無理やり頭に詰め込む羽目になったとか言っていましたが、ジム寒冷地仕様を購入しに来るとかマニアックすぎるよww。
ジム寒冷地仕様ってポケットの中の戦争の第1話の冒頭部分にしか登場しないですよね。確か。
ちなみに個人的にジムシリーズの中ではジムスナイパーが好きです。っていうのはMGのジムスナイパーのパッケージを見たときにジムのくせにかっこいいじゃないかと思ってしまったからです。
そしていよいよガンプラバトル選手権3回戦。セイとレイジの相手はキララというアイドルであった。
さくっと片付けようというレイジであったが、キララのガンプラであるガーベラ・テトラのバトル中、ビルドストライクの左膝と右肘のパーツが破損しており、とれてしまう。
実はミホシはアイドルのキララなのであった。そして、ガンプラバトルに勝利するためにセイに近づき、セイのビルドストライクに細工をしていたのだった。
ミホシは事務所の方針で秋葉系ガンプラアイドルのキララとして売り出すことになり、興味のないガンダムの知識を覚える羽目になっており、このガンプラバトル選手権大会もあくまでトップアイドルになるためのものであった。
ビルドストライクのシールドも破壊されてしまい絶体絶命の窮地に立たされるが、セイはレイジにビルドストライクとブースターの分離を指示、分離したブースターはファイターに変形し、形勢は逆転。
レイジはファイターは操り、キララのガーベラ・テトラを撃破するのだった。
3回戦もなんとか突破することができたセイとレイジ。
セイがミホシさんに対して特別な感情を持っていないことがわかり、安心したコウサカ・チナはセイにガンプラの作り方を教えてもらう約束をするのだった。
ということでビルドストライクフルパッケージのブースターはコアファイターにも変形するというギミックが隠されていたわけですが、コアファイターの合体方式はコックピット部分だけ機体と連結していて、連結しているコックピット部分が地面に対して水平なので、ホリゾンタル・イン・ザ・ボディ方式っていうんでしたっけ?
ガンダムやZZガンダムのようなコアファイターシステムではなく、GP01やクロスボーンガンダム、シャイニングガンダムやゴッドガンダムのような方式ですね。
なんというか回を増すごとにセイのガンプラ制作技術のすごさが次々と明らかになっていきますね。ストライクガンダムがベースになっているとはいえ、ほとんどオリジナルのプラモデルを制作してしまい、しかもコアファイターシステムまで搭載しているとは…。すごすぎます。
もうバンダイのプラモデル開発部が是が非でも獲得しようと躍起になるレベルじゃないかな。
しかも今後も隠されたギミックとか、追加武装とか出てきそうな気がしますね。
ところで今回、ユウキ・タツヤもザクアメイジングでジャスティスガンダムを撃破して勝ち上がったわけなんですが、SEED系の機体は割と不遇な扱いですね。
まあ主人公機がビルドストライクなので、これ以上SEED系の機体を活躍させる必要がないんだろうと思いますけど。
あと、確かまだダブルオーの機体が一機も登場していないので、そろそろ登場してほしいところです。
まあ次回はガンダムXとの対戦なんですけどね。
ということでまた次回。

 - ガンダム