<アニメ>リトルバスターズ!~Refrain~ 第11話「世界の終わり」 あらすじと感想 ※追記あり

   

<アニメ>リトルバスターズ!~Refrain~の第11話「世界の終わり」のあらすじと感想です。
もうほとんど謎も明かされているので、今回の第11話で理樹と鈴以外の旧リトルバスターズのメンバーがどうなってしまうのかわかっていましたが…。
(※関連:<アニメ>リトルバスターズ!~Refrain~ 第10話「そして俺は繰り返す」 あらすじと感想)
(※追記<アニメ>リトルバスターズ!~Refrain~ 第12話「お願いごとひとつ」 あらすじと感想追加しました。)
という事で<アニメ>リトルバスターズ!~Refrain~の第11話「世界の終わり」のあらすじと感想を書こうと思います。


以下あらすじと感想
・恭介を加え、再び5人になったリトルバスターズ。5人で野球をすることになるが、世界がもう維持できなくなってきているからか、リトルバスターズ以外の人や猫などの動物も世界からいなくなっていた。
恭介は野球をやっている4人との思い出を振り返る。
もうこの時点で謙吾が泣きそうになっている。
恭介視点で4人への想いを語るわけですが、小さいころの映像も交えて語られるところがいいですね。
もう一度リトルバスターズを最初から見返すと、真人や謙吾のセリフでなるほどと思うところがあるでしょうね。
謙吾がリトルバスターズ1期最終話でリトルバスターズジャンパーを作ってハイテンションではしゃいでいたのも放送当時は驚きましたが、今では納得ですね。
・いよいよもって世界の維持が難しくなってきたことを感じた恭介は真人と謙吾に残り一球ずつと伝える。
最初は真人だった。理樹の打ったファールボールを追いかけ、スコアボードを壊しながらもフライをキャッチした真人は理樹にルームメイトでいてくれたことに感謝を告げ、消えていった。
うろたえる理樹に恭介は修学旅行中のバスの事故のことを、生き残るのは理樹と鈴だけということ、そして2人のためにこの世界を作り出した事実をついに告げるのだった。
恭介に事実を告げられ、これまでループにより忘れていた記憶をすべて思い出した理樹はこのまま野球を続行する。
次は謙吾。理樹のライナー性の打球を体で受け止めて、泣き崩れながら、もっと遊んでいたかったと後悔を口にする。
しかし最後にはすっきりした顔で理樹と握手を交わし、リトルバスターズは不滅だと言い残し消えていった。
という事でついに恭介の口から理樹に真実が語られたわけですが、この世界は恭介だけではなく他のリトルバスターズのメンバーも含め理樹と鈴以外の8人で作られていたわけですね。
ただ、ちょっと気になるのが旧リトルバスターズメンバー以外のメンバーは現実世界では関わりがなかったわけですよね?
それなのに恭介の呼びかけに答えたのがちょっと疑問ですかね。
まあこれまでの人生に悔いがあって、旧リトルバスターズのメンバーの仲の良さを羨ましいと現実世界で思っていたのかもしれないですし、瀕死で他に選択肢がない状況でしょうから、そんなものと言えばそんなものなのかもしれないですけど…。
真人と謙吾の消える時にセリフも
普段はおバカキャラだけど、実は一番大人なんじゃないかという真人と、普段はクールなんだけど、実は一番子供なんじゃないかという謙吾という対照的なキャラなだけあって
対照的なセリフでした。

この辺でもう泣きそうなのを必死にこらえていましたね。私ww。
・そして最後は恭介。守りにつく恭介だったが理樹は最後にサヨナラホームランを打つ。
グローブを置いて、理樹と鈴に校門から出るように指示し去っていこうとする恭介。そんな恭介を理樹は必死に引き留めようとする。
「強くなったとか、世界の秘密とか、そんなのどうだっていい。僕は恭介が好きだから、だからずっと一緒にいたいんだよ。」
「あのなぁ。そんなの俺の方が嫌に決まってんだろ。なんでお前らを置いていかなければいけないんだよ。俺だってお前たちといてえよ。ずっといたかったんだよ。なんでこんな理不尽なんだよ。」

恭介に促され、理樹は鈴の手を取り校門に駈け出して行った。
一人残った恭介は校舎内を歩きながらこれまでのことを思い返し、そして消えていった。
これまで必死にこらえてきた私の涙腺でしたが、恭介が涙を流しながら理樹にうったえるというこれまでの恭介からは想像もつかない様子に号泣してしまいました。
というか思い出すと今でも泣きそうになります。
ただ理樹は悲しそうでしたが、鈴はポカーンとしていて何が何だか状況を理解していないようだったのが気になりました。
おそらくリトルバスターズのゲームだと理樹視点だから、ゲームを忠実に再現しようとするとどうしても鈴の描写が難しいんでしょうね。
なんにせよ、まだリトルバスターズは終わっていませんが、1期からここまで見てきてよかったと思える回でしたね。
次回は小毬ちゃんの最大の見せ場なのかな?楽しみです。
という事でまた次回。

 - リトルバスターズ