<アニメ>凪のあすから 第16話「遠い波のささやき」 あらすじと感想 ※追記あり

   

<アニメ>凪のあすからの第16話「遠い波のささやき」のあらすじと感想です。
凪のあすからとは全く関係ないですが、今放送中のアニメのいもちょが放送時間変更らしいですね。どうやら苦情が入っていたらしいです。まああの時間帯での放送は確かにおかしかったですからね。
(※関連:<アニメ>凪のあすから 第15話「笑顔の守り人」 あらすじと感想)
(※追記<アニメ>凪のあすから 第17話「ビョーキなふたり」 あらすじと感想追加しました。)
という事で<アニメ>凪のあすからの第16話「遠い波のささやき」のあらすじと感想を書こうと思います。


以下あらすじと感想
・再び美濱中学に通うことになった光は寂しさを感じさせない明るい態度でクラスメイトに自己紹介した。またクラスメイトも5年前のおふねひきで光のことを知っており、光はあっという間にクラスに溶け込んでいた。
光は制服がないためカッターシャツで学校に通っていた。そこへ紡が当時来ていた制服を持ってきてくれたが、大きくてぶかぶか。
そこで翌日の至の休日を利用して皆で街に行き光の制服を買いに行くことに。
しかし晃が体調を崩してしまい、光、美海、そしてさゆを誘って3人で出かけることに。
美海に告白した峰岸君は絶対に美海奈は光のことが好きだという事に気づくだろ、と思っていたら案の定すぐに気づいてしまいましたね。
光と美海が一緒に帰っているところを自転車で通過していきましたし。
それと、5年前と比べてクラスの席の数が減っていますね。OPでの5年目前と今のクラスの映像を見てみても確実に減っていますね。やっぱり地方の少子化は深刻なんだなぁと。
んで、街に光の制服を買いに行くわけですが、美海にとっては光と2人きりになれるチャンスなわけですから、さゆを誘わなくていいんじゃないか。というか光と美海ははたから見るとかなり仲良く見えるわけで、さゆの機嫌が悪くなるのは明白ですよね。
ってか光と美海の2人きりでの買い物とか個人的にすごく見たかったから、さゆが加わってしまって結構がっくりしました。
・案の定、美海とさゆは仕立て屋さんの前で喧嘩してしまい、採寸を断って店から出てきた光は美海とさゆが泣いているのを目にする。走って帰ってしまう美海と、その場で泣き出すさゆ。
そこに仕事中の狭山が軽トラから光たちに声をかけ、鴛大師まで送ることに。
その途中造船所を見たときに、5年前美海が家出をした時は造船所にいたことを思い出した光はそこで降ろしてもらう。
狭山が割りといつもいいタイミングで登場しますね。まあ使いやすいキャラクターですよねww。
それにしても光にからかわれて怒る美海のなんとかわいいこと。そりゃあんな夫婦漫才見せられたらさゆじゃなくても機嫌が悪くなるものです。
・造船所にはあの時のように美海がいたのだった。
光からまなかとちさきもよくケンカしていたことを聞き、光から差し出された手を取り帰ろうとしたところ、造船所のクレーンのボルトが緩んでいたこともありクレーンが外れて落下してくる。
光も美海も落下してきたクレーン下敷きになることはなかったが美海が海に投げ出されてしまう。
泳げず溺れていく美海だったが、突如エナができ海の中でも呼吸ができるようになるのだった。
海から上がった光と美海のところに心配したさゆが駆けつけており2人は仲直りをすることができたのだった。
そのころ冬眠から目覚めた要が喫茶店のマスターに今日がいつなのかを尋ねていたのだった。
美海が呼吸ができるようになったのって海の人間と同じようにエナができたからってことですよね?
陸の人間と海の人間のハーフはエナを持たずに生まれてくると紡が言っていましたが、美海はその例外で中学生まで成長したことでエナが発生したという事でしょうか。
それともなんか海の中を粉みたいのが舞っていましたけど、その影響によって後天的にエナが発生したのか。
あと、ついに要の目覚めましたね。次回要がちさきと紡を見たときの反応が楽しみですね。もちろん要が目覚めたと知ったときのさゆの反応も。
ってか要がそうなったらどこで暮らすんだろう?要が目覚めてもまだ汐鹿生には入ることができない状態ですよね。
という事でまた次回。

 - 2013年アニメ