<アニメ>咲-saki- 全国編 第12局「真実」 あらすじと感想 咲が一番手ごわいと感じていたのは実は…

   

大将戦の決着でしたね。大将戦の相手選手3人の中で咲が実は一番手ごわいと感じていた相手が実は末原恭子だったのは私も漫画で読んだ時に驚きました。
まあ咲が全然苦戦しているように見えないんですけどね。
以下、<アニメ>咲-saki- 全国編の第12局「真実」のあらすじと感想になります。


・咲の槓による嶺上牌ツモ切りをドラを増やすことではなく、ツモをずらすことにあると考えた末原恭子。
岩戸霞と姉帯豊音が咲を警戒する中、末原恭子は二盃口の倍満をツモ和了る。
咲は槓してもドラが乗ることはほとんどないので、それが目的でないのはわかりますが、結局何の狙いがあったんでしょうね。
まあもちろん勝つために打っているわけですが、あそこで大明槓して末原恭子に倍満を和了されるのがベストな選択だと判断したのかな。もし大明槓しなければ岩戸霞か姉帯豊音が和了してトップを捲られていたとかかな。
ただ、対局後の咲のセリフからもわかるように結果的にそれが3人の中で一番手ごわい末原恭子が残ることになってしまったと。
・オーラスは岩戸霞、姉帯豊音が勝負手を聴牌する中、咲がまたも嶺上開花でツモ和了し勝敗を決するのだった。
オーラスの対局は漫画だと特に詳しく描かれることなく咲のツモ和了シーンだけで終わってしまっているので今回は他の3人がどんな手だったのかも見れてありがたかったです。
オーラスでは岩戸霞と姉帯豊音は逆転のための勝負手を聴牌していたんですね、さすがです。
一方末原恭子はボロボロの手牌で振り込んで逆転されないように苦労していたのがわかりました。
咲ってこうしてアニメを見ていると4人の手牌や捨牌もきっちり描かれていて、きちんとした牌譜の元、作られているということがわかりますね。
・姫松高校は戒能プロに練習に付き合ってもらうことに。
末原先輩のあの恰好に結局のところ意味があったのだろうかww。
あと戒能プロはイタコだという事を否定していましたが、神代小蒔が九面を下ろした時に憑いていることを察していたし、あながち否定できないのでは。
・永水女子と宮守女子は一緒に海水浴に行くことに。
岩戸霞が降ろした神を滝見春と狩宿巴が祓っていましたが、どうやって祓っていたのかもっとよく見せてくれませんかね。グヘヘ。
神代小蒔は弱い九面から順に降りるようにしていたとか。個人戦で九面を降ろすときってそもそも個人戦が見れるのはいつになることやら。
あと狩宿巴だけ制服を着てくれているんですよね。素晴しいサービス精神です。本当にありがとうございます!!
そういえば宮守女子の個人戦参加予定の選手は誰なんでしょうね?小瀬川白望と姉帯豊音の2人ですかね。
次回は和が阿知賀女子の穏乃や憧、玄ちゃんと再会する回ですね。阿知賀編の第12話あたりと被るシーンですね。
ってかその阿知賀編の第12話が放送されたのってもう1年半以上前じゃないですか!!時が過ぎるのが早すぎますよ!!
まあ阿知賀編は第13話の放送が2013年になってからで最終話の第16話は2013年の7月ですからそこまで昔に感じないってのもあるんでしょうが。
ということでまた次回。

 - 咲-saki-