<アニメ>咲-saki- 全国編 第13局・最終回「旧友」 あらすじと感想

   

凪のあすからに続いてこちらもやっと書くことができましたww。
咲-saki-に関しては取り合えず最終回という事ですが、まだまだストーリーは続いているわけで作者の小林立先生にはともかく完結まで頑張ってほしいですね。んで、我々も熱が冷めることなく待ち続けたいですね。
以下、<アニメ>咲-saki- 全国編 第13局・最終回「旧友」 あらすじと感想 


・全国大会団体戦の反対ブロックの準決勝の出場選手に和や優希の高遠原中学時代の先輩の花田煌が新道寺女子の先鋒として出場していることを知り、テレビ中継を見て応援しようとしていた和とユウキだったが、阿知賀女子の先鋒が松実玄であると知り、和は優希と咲と一緒に会場に向かう。

咲-saki- 阿知賀編で放送した全国大会団体戦の準決勝の裏で和たち清澄高校の面々はどうしていたのかを描いた回ですね。

相手に関係なく確率論によるデジタル打ちを貫く和の麻雀スタイルの弊害がここに来ましたね。まあ和はその中でも特に相手を気にしなさそうですから。
普通なら対戦の可能性のある出場校の選手を調べ、ある程度研究をしようとしますからね。ましてや全国優勝を狙っているならなおのこと。

・会場に着いた者の満席で途方に暮れているところをマスコミの西田さんのはからいでプレスルームに案内してもらうことに。その途中和は阿知賀の昔なじみの面々を再開を果たす。

しかし咲は会場に入るのを躊躇い、先に宿に帰ってしまう。

この咲の夢での過去回想に出てきた金髪の少年?少女?の存在がいまだに原作の漫画の方でもこれ以上の情報が出てなくて謎なんですよね。
車椅子や家が燃えているシーンがありましたし、きっと亡くなってしまったんでしょうけど、咲と照の不仲の原因の一つであることは間違いなさそうですね。まあ後々過去が明らかになるでしょうから楽しみですね。

・和と優希は花田先輩にタコスの差し入れを渡し、会場を後にするのだった。
そしていよいよ清澄高校の準決勝がスタートする。

はやりんこと瑞原はやりプロは田村ゆかりさんが担当ですか。相変わらず声優が豪華ですね。

そして最後はやっぱり中田譲治さんのナレーションです。さらに咲-saki-第1期前期OPの「Glossy:MMM」まで流してくれるとはうれしい予想外です。スタッフも粋なはからいをしてくれるものです。

咲-saki-の第1期から見てきた方々には非常にうれしくてグッとくるものがあったんではないでしょうか。途中咲-saki- 阿知賀編を挟んだとはいえ、咲-saki-第1期からこの第2期の咲-saki- 全国編まで4年以上ありました。
がしかし、待つことができました。今度もまた楽しみに待ち続けるとします。

そうです、阿知賀女子の麻雀部の部室を掃除して待ち続けた玄ちゃんのように我々も黙々と単行本を集めつつ、咲-saki-の第3期を待ち続けましょう。

一番の懸念事項は失礼ながら、声優の方々がこのアニメ業界で生き残り続けているかどうかという事の気がしますww。ってか脇役キャラの声優がこっそり変わっていても気づきそうにないですね。

まあなんにせよ、

「前に向かうために一旦お別れ、帰ってこなくても私は待ってる」

という事で咲-saki- 全国編の感想は以上になります。

 - 咲-saki-