<アニメ>銀の匙 Silver Spoon 2期第4話「南九条、あらわる」 あらすじと感想 ※追記あり

   

Fate/EXTRA CCCルナティックステーション2013を購入して聞いてみました。キャラクターの歌がいいのはもちろんですが、幕間でのやり取りが面白すぎる。そのやりとりを聞きながら、にやにやしています。
(※関連:<アニメ>銀の匙 Silver Spoon 2期第3話「八軒、高く跳ぶ」 あらすじと感想)
(※追記<アニメ>銀の匙 Silver Spoon 2期第5話「八軒、大わらわ」 あらすじと感想追加しました。)
<アニメ>銀の匙 Silver Spoonの2期第4話「南九条、あらわる」のあらすじと感想を書こうと思います。


以下あらすじと感想
・馬術部の新人戦。それとサブタイトルにあるように南九条あやめという御影アキの幼馴染という新キャラ登場ですね。
南九条あやめは金髪縦ロールに高笑いと絵に描いたようなお嬢様キャラですが、実はエゾノーに推薦で落ちるほどのおバカキャラで、馬術も実は初心者。
なんというかこのキャラが登場することで八軒と御影の恋が進展するのかと思いきや、そんな役目は勤めそうにはないですね。
・馬術部の新人戦の方は栄、円山、木野の3人はイマイチの結果に終わってしまう。
八軒もスタート前は緊張から頭の中が真っ白になってしまうが、自分の足を鞭で叩き、吹っ切れた状態でスタートすることができた。
しかし途中で応援に来ていた兄の八軒慎吾が目に入ってしまい集中が途切れてしまったことで右側の鐙が外れてしまう。
マロン号から落ちそうになるのを必死にこらえしがみつく八軒。最後に落馬してしまうが審議の結果、ゴールが認められ、かなりいい成績を出すことができた。
八軒とマロン号は当初3位に位置していたが、最終的には4位という結果で新人戦を終えるのだった。
御影も南九条のおかげで緊張が解け、3位という結果で終えることができたのだった。
なんかこういうの見てると乗馬やってみたくなりますね。
いや小さい時に乗馬体験とかやったと思うんですけど、あまり覚えていませんし、一人で乗ったわけではありませんし。
なによりラストで八軒が一般道を馬に乗って走っていましたが、あれやりたいですww。まあ無理でしょうけどすごい想像しただけで気持ちよさそうですよね。
あとスポーツするときは雑念を捨てて集中するといいパフォーマンスができるわけですが、このアニメ見ていると雑念があるとそれを馬が感じてしまい、もろにパフォーマンスに影響が出てしまうというのがよくわかりますね。
また、八軒は公式戦できっちり集中できていて、落馬しながらゴールした後も判定結果を気にするあたり成長が窺えますね。
そういえば銀の匙 Silver Spoonの2期は駒場の野球や、馬術と言い、ここのところスポーツの話がメインですね。んで、この後はエゾノー祭の話が出てくるんでしょうし、スポーツや文化の秋と言ったところですね。
銀の匙 Silver Spoonの1期は食育の話が多かったですから対照的ですね。
次回もエゾノー祭に向けて準備をする馬術部が話のメインらしいです。という事でまた次回。

 - 2013年アニメ