<フィギュア>バンダイ・魔戒可動 光覚獣身牙狼(ガロ) 開封&レビュー

      2015/08/26

また例のごとくアニメの感想が滞ってますが、先にこちらを記事にしようかと。

魔戒可動 光覚獣身牙狼1

※写真はクリックで拡大表示されます。

という事で魔戒可動 光覚獣身牙狼(ガロ)を購入しました。

 

魔戒可動 光覚獣身牙狼1 魔戒可動 光覚獣身牙狼2

 

 

パッケージ。想像していたよりパッケージが小さかったので、実は想像より光覚獣身牙狼のサイズが小さいのかなと思いましたが、開けてみてそんなことはなく安心しました。

 

魔戒可動 光覚獣身牙狼3

 

光覚獣身牙狼本体と付属品になります。写真に載っているものが魔戒可動 光覚獣身牙狼のすべてになります。
魔戒可動 幻影騎士吼狼よりもコンパクトに収まってますね。まあ吼狼の魔戒可動は翼が大きくてかさばってましたからね。

それと光覚獣身牙狼はおそらく魔戒可動シリーズで最大の大きさになるかと思います。私が持っている吼狼より大きいことはもちろん、以前秋葉原のフィギュアショップで見た魔戒可動のキバよりも大きくなってます。

ただこの光覚獣身牙狼、ウエストが引き締まっているので光覚獣身牙狼本体は結構スリムな印象を受けました。

 

また可動ですが、吼狼よりも動く印象です。

股関節は差はないかなと思いますが、首、ウエストは吼狼より光覚獣身牙狼の方が全然動く印象ですし、肩周りは光覚獣身牙狼は吼狼と違って肩パーツのポロリがないのでポーズを決めようとする際のストレスが無いです。

あと鉤爪といい、獣の足といい仮面ライダーオーズのタトバコンボを思わせますね。ちなみにこの光覚獣身牙狼もライダーキックみたいなポーズも可能です。

 

 

魔戒可動 光覚獣身牙狼4

 

背面のパーツを付けても自立可能です。

 

魔戒可動 光覚獣身牙狼5

 

牙狼剣が変化した光覚斬馬剣を装着しても一応自立可能です。ただ光覚斬馬剣自体結構な重さがありますので、スタンドなしで持ち上げることは不可能です。

 

 

魔戒可動 光覚獣身牙狼6

 

後ろから見るとこんな感じ。尻尾は結構な長さがあります。またうまくやれば尻尾を立たせるようにすることも可能です。

 

 

魔戒可動 光覚獣身牙狼7

 

光覚斬馬剣を専用スタンドにセットするとこんな感じ。

カッコいいポージングはこれからいろいろ試行錯誤していこうと思います。

 

 

魔戒可動シリーズ。私は持っているのはこの光覚獣身牙狼と吼狼の2つだけなんですが、ネットで魔戒可動のレビューを見てみると、最初の牙狼からどんどんクオリティが良くなっていますね。

特に最初の牙狼とこの光覚獣身牙狼を比べると金色の鎧の塗装がすごい改善されているのがわかります。

次の魔戒可動シリーズとして鋼牙バージョンの牙狼が新規造形で発売されることが発表されたので楽しみですね。

ではまた。

 - フィギュア、プラモデル, 牙狼<GARO>, 魔戒可動