<フィギュア>D-Arts ブラックゼロ 開封&レビュー

      2015/08/26

アルティメットアーマーXと同じくロックマンXシリーズでロックマンX4から登場した隠し要素であるブラックゼロがD-Artsで魂ウェブより発売されました。今回購入したので、開封&レビューを行いたいと思います。
(※関連:<フィギュア>D-Arts アルティメットアーマーX 開封&レビュー)


という事でまずはD-Artsブラックゼロのパッケージです。

D-Arts ブラックゼロ1

XのパッケージデザインはXシリーズ共通ですね。
パッと見たときにゼロの顎がやけに引けているなという印象を受けました。

D-Arts ブラックゼロ2

D-Artsブラックゼロのパッケージを開封するとゼロ本体を含めて中に入っているのはこれがすべてになります。

D-Arts ブラックゼロ3

ブラックゼロと交換用パーツだけを撮ったものです。
サーベルが3本もあってありがたいです。先がとがったサーベル、棒状のサーベル、そしてしなっているサーベルですね。
棒状のサーベルはロックマンX6でゼロが使用していたサーベルを採用したんですかね。
そして一番驚いたのが、ゼロの顔パーツのバリエーションです。口を開けているタイプと歯を食いしばっているタイプがあるのはアルティメットアーマーXと同じですが、このD-ArtsブラックゼロはロックマンXの漫画を描いた岩本佳浩さんがデザインしたフェイスパーツもあるんですよねぇ~。
岩本佳浩さんが描くXとゼロは眉毛があるのが印象的ですよね。
まあ私はゲーム版の眉毛がない絵の方が好きなんですがww。
ただ岩本佳浩さんのロックマンXの漫画はストーリーがいいんですよねぇ~。
話しが逸れましたので戻して、

D-Arts ブラックゼロ4

ブラックゼロの正面と後ろからの写真です。ブラックゼロって髪はグレーだったんですね。うろ覚えでしたww。
いろいろ動かしてみてXと違ってゼロには髪があるのでそこまで上を見上げることができなくなっています。
ただ、D-ArtsアルティメットアーマーXと違い胴体部分がそこまで緩くなかったので、ポーズを決めやすいです。
あと写真からはわかりにくいですが、ブラックゼロのボディの黒のテカり具合はハンパないです。アルティメットアーマーXのボディとはまた違った良さですね。

D-Arts ブラックゼロ5

ゼロと言えばやっぱりバスターよりサーベルという事でサーベルで決めポーズ。サーベル二刀流なんてのもできますねww。
サーベルを持たせるためにバスターの腕をはずして別の腕パーツを取り付けたわけですが、アルティメットアーマーXのような取り付けにくさはありませんでしたね。
ただ、手のパーツが取り付けにくかったです。

D-Arts ブラックゼロ6

D-ArtsアルティメットアーマーXも使ってロックマンX5の零空間、X対ゼロ的な感で。
Xでプレイするとゼロが覚醒してもいなくても赤いボディなので、ゼロでプレイした場合に実現できますね。
ロックマンX5をプレイしていた当時、アルティメットアーマーを使ってでもゼロを止めようとするXには驚きましたね。そこまでするか~と。

D-Arts ブラックゼロ7

んで、ブラックゼロとアルティメットアーマーXの共闘バージョン的な感じで。
きちんと設定を反映してゼロの方が少し背が高くなっていますね。
D-Artsブラックゼロいいですね。個人的にサーベルのバリエーションとボディの黒のテカり具合がかなり気に入っています。
写真のようにアルティメットアーマーXと並び立たせて鑑賞を楽しみたいと思います。
という事でまた。

 - D-Arts, フィギュア、プラモデル