2014年夏アニメ 7月12日土曜日放送のアニメ 感想

   

暑いですね。7月になってクーラー解禁しました。そういえば今年はコミケどうしようかな。3日目とかかなりカオスなことになると予想されてますが、さて。

まあ何はともあれ2014年夏アニメで7月12日土曜日放送のアニメの一言感想を書いていこうと思います。

以下、2014年夏アニメの7月12日土曜日放送のアニメの一言感想。

 

・ALDNOAH ZERO(アルドノア・ゼロ)
圧倒的じゃないか!!
いやまあ敵のロボットとの性能差がすごいことになってますね。紫の敵の巨大ロボットの特殊装甲がチートすぎっしょww。

次回はいよいよ主人公が戦うことになるだろうと思うのですが、主人公はすごいクールなキャラですよね。んで虚淵玄さんが3話までは見てくださいと確か言っていましたから次回どんなことになるのか楽しみです。

 

・魔法科高校の劣等生
劣等生とは一体誰のことだったのだろうか…。
ってかクリムゾン・プリンスの一条将輝がスザクに見えてしょうがないww。ためしに一条将輝で検索してみたらスザクが候補で出てきたので、他の人たちもそう思っているみたいですね。

 

・少年ハリウッド
事務所の社長が事務所のアイドルに、

アイドルとして成功しても友達が週刊誌の記者にあることないこと言うかもしれない

と言っていたのが妙に納得してしまいました。
ホントアイドルとか声優のスキャンダル写真がいろいろと流出しているのを見ると人間ってなかなか信用できないですもんね。

 

・ばらかもん
主人公の半田が字を書いているシーンが全然描かれていなくて、なるや女子中学生2人にづかづかと家にあがられて全然書道に集中できていなくて不憫だなと思う反面、羨ましくもありますね。

才能の話はすごい共感できてよかったです。

これから半田が平凡な字しか書けないという壁をどう超えていくのか楽しみですね。

 

という事で2014年夏アニメの7月12日土曜日放送のアニメの一言感想は以上になります。ではまた。

 - 2014年アニメ