2014年夏アニメ 木曜日・金曜日・土曜日放送のアニメ 最終回を迎えて一言感想

   

2014年夏アニメが最終回を迎えましたので、その簡単な感想でも書こうかと思います。

 

・グラスリップ
何が何だかよくわからず終わってしまった。どういう事なんだ…。
沖倉駆は消えてしまったのか?

 

・白銀の意思 アルジェヴォルン
これは2クールなのでまだ続いているのですが、トキムネの姉の死の理由も明かされてこれから盛り上がっていくのかな。
ただ過去回や謎解きなどがあるとその分敵側が割を食うことになっていくわけで、敵側の存在感が空気に…。

 

・東京喰種 トーキョーグール
規制がいろいろと残念でした。
金木が覚醒するところで終わりという事になりましたが、あんていくとアオギリの樹、喰種対策局の三つ巴の戦闘中というところで終わってしまって、中途半端なところで終わってしまったなという印象です。

 

・残響のテロル
最初のインパクトはすごかったですが、尻すぼみになってしまった印象です。
ハイヴが登場してからなぁ~。

 

・RAILWARS! -レールウォーズ-
サービスシーンを楽しむだけのアニメでした。

 

・普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。
このアニメは今期のダークホースじゃないかな。
アイドルだけど地域密着アイドルという事で、歌や踊りの前にまず地域の人たちとの交流が一番にきており、その人々との交流や同じろこどるの縁さんや魚心君の中の人の2人とのかかわりの中で奈々子ちゃんが地域に愛着を持っていくのがわかって面白かったです。

アワアワガールズの存在もただ単に雲の上の存在と言うだけでなく、彼女たちアワアワガールズも人気が出すぎたせいで地域に密着した活動ができなくなっているというのも描かれていて、ろこどるという視点が徹底されているなと思いました。

 

・六畳間の侵略者!?
まーたハーレムものかと思いましたが、なんだかんだで面白かった。
女の子みんなに出番があって変に偏ることがなく、かつ女の子同士の仲もよかったのが見ていて面白いと感じた理由かな。

あとゆりかの声に最初は戸惑っていたんですが、段々と慣れてきてしまいました。

 

・東京ESP
みごとな俺たちの戦いはこれからだエンドでしたねww。

ってか多彩な超能力がこのアニメの魅力なはずなのに、イマイチ各キャラがどんな超能力なのかが伝わっていないから「おまえの超能力こんな能力だっけ?」と驚くばかりでした。

 

・信長協奏曲 -のぶながコンツェルト-
戦国時代の常識にとらわれないサブローの行動が功を奏していくのが見ていて面白かったです。
またなんだかんだでその戦国時代の常識のとらわれないサブローの行動が織田信長の歴史通りの活躍になっていて面白かったです。これまで見た織田信長が題材のアニメで一番おもしろかったんじゃないかな。

本能寺の変まで見たかったです。

 

・ALDNOAH ZERO(アルドノア・ゼロ)
これは分割2クールなわけですけど、2クール目からどうなっちゃうの?
伊奈帆とアセイラム姫の生死はどうなっちゃたの?

すごい気になる終わり方で注目はされるとは思いますけど、2クール目からの展開のさせ方が大変だなぁと思います。これで2人とも何ともなかったらそれはそれでしらける人が出てきそうですね。

 

・魔法科高校の劣等生
最後までひたすらお兄様だけが活躍するというスタイルをずっと貫き通すある意味潔いアニメでしたねww。
やっぱり主人公はかっこよくて強くなきゃいけないというのを完璧に徹底したらここまで気持ち悪くなるというのが良くわかるアニメでした。

 

・少年ハリウッド
キャラ一人一人に掘り下げていていいことやっていると思うんだけど、最後まで受け付けなかったな。やっぱりキャラデザか…。

 

・ばらかもん
先生が書いた字が島民の名前が書いたものでその中心になるがいていい作品でしたね。
それにしても先生の母ちゃん、ラスト2話で登場でしたが、それだけの出番で終わらせるのはもったいないキャラでした。
ってか母ちゃんが先生のところに女子中学生2人が入り浸っているのを知ったらどんな反応をするかしりたかった。

 

ではまた。

 - 2014年アニメ