2014年夏アニメ 8月25日月曜日と26日火曜日放送のアニメ 感想

   

以下、2014年夏アニメの8月25日月曜日と26日火曜日放送のアニメの一言感想になります。

 

・アオハライド
女同士の醜い男の奪い合いが見れないのは残念ですが、3人ともいい子でしたね。きっと現実にはあんな気持ちのいい子はいないんだろうな。

 

・精霊使いの剣舞
貧乳も貧乳で需要があるから気にすることはないんやで。
それにしても前回も見たことがあるようなバトル展開でしたね。このアニメこんなことばっかりですね。何回おんなじこと繰り返すんだよww。

 

・ガンダムさん
いよいよ10月からGのレコンギスタとビルドファイターズ2期がスタートしますね。富野監督のインタビューがネットで記事になっていて、期待が高まります。

 

・M3~ソノ黒キ鋼~
夏入死亡ですか…。ある意味こいつがいろいろとかき回すことでストーリーが進行していただけに、次回からどうやってストーリーを回していくのだろうか。

 

・ハナヤマタ
生徒会長とサリー先生は姉妹だったのか。でもわけありっぽいですね。サリー先生をフルネームで公式サイトに記載されていなかったのはこのためか。

いまだによさこい部に入部しない生徒会長がどのように入部するのかその展開を楽しみにしつつ、きっと多美が口説き落とすんだろうなと予想していたわけですが、サリー先生が絡んでくる可能性が出てきましたね。

よさこいを踊っているときは失敗するのではないかとひやひやしながら見ていましたが、なるがトラウマを克服できず失敗してしまいましたね。
難民には受け入れられない展開だと思いますが、いきなりの本番でうまくいく方がむしろ不自然ですし、登場人物がトラウマを克服していくのをきっちり描いてくれるのは評価したい。

それが視聴者万人に受け入れられるかは別にして…。

 

・Re:␣ハマトラ(リプライ ハマトラ)
やっとはじめの能力が明らかになりましたね。

ただ、ナイスやムラサキたちのミニマム使用による副作用がはじめの能力だというのはわかりましたが、施設から脱走する際に撃たれたナイスが助かったのはなんでだろう?それもはじめの能力なのかな?

あと施設が何の実験をしていたのかとか、アートたちがはじめの能力をどうしたいのかとか、マスターやコネコの正体とか、新たな謎も生まれてしまいましたね。

これきちんと終われるのかな?前回のギャグ回のせいで描ききれなかったとかならければいいけど…。

 

・モモキュンソード
以前の水着回だけでなく、今回のお風呂回と狙いがいつも安定してますね。

もうストーリー進行しなくていいんじゃないかなww。

 

2014年夏アニメの8月25日月曜日と26日火曜日放送のアニメの一言感想は以上になります。

 

 

そういえば連日の広島の土砂災害に関しての報道を見て思ったことがあります。
亡くなった方もいる中でこんなことを言うのは不謹慎かと思いますし、ちょっと残酷な言い方かもしれませんが、私は事実だと思うので言わせてもらいます。

今回の広島の土砂災害でまだローンが残っているのにもかかわらず家が被害を受けて苦しんでいる方々が多いですね。

他の国ならいざ知らず日本においてローンを組んで住宅を購入するという事がいかにハイリスクなことなのかがよくわかるいい例だと思います。

日本は地震、水害、土砂災害、最近は竜巻なども、によるリスクがあるのでローンを組んで購入するのは非常にハイリスクだと思っています。

そういったリスクも考慮せず、ろくに資産も築いていない状態でローンを組んで住宅を購入するのはリスク管理ができていないとしか言えません。

いい大学行って、いい会社に就職して、ローン組んで車や家を買って、一生懸命働いてローン返して、ローンを返しきるころには定年で、それで老後のお金が貯まりますか?
まさか今時老後は年金でなんとかなると思っている人はいないとは思いますが、ローン組んで家や車買うとかそう思っているとしか思えない無計画な行為だと思います。

じゃあどうすればいいんだ!

というツッコミがありそうですですが、上にも書いたように資産を築いてから購入すればいいだけのことです。
資産を築くというのはお金を貯金するという事ではありません。お金を貯金するという事は日本円に集中投資することと同じです。
そうではなくてきちんとリスクを分散させて資産運用をしましょうという話です。

日本では学校でお金に関しての授業をやっていませんし、先生方も学生だったころにそういったお金に関しての授業を受けていないので教えられません。ですので、自発的に勉強していかないといつの間にか自分の人生を充実させるために働いているのか、ローンを返すために働いているのかわからなくなりますよ。

災害で亡くなった方や被害を受けた方にはお悔み申し上げますが、一方できちんとリスク管理をすれば防げたこともあるというのが課題です。

なんか熱く自分の想いを書いてしまったせいでめちゃくちゃな文章になってしまった。ではまた。

 - 2014年アニメ