Fate/kaleid liner プリズマイリヤ ツヴァイヘルツ!第5話「浴衣と花火」感想

   

祭りか…。久しく行ってないな。

 

という事で今回は浴衣で祭り回。
前回も言いましたが、順調に夏休みのイベントをこなしているな。
もうほとんど夏休みのイベントはこなしたんじゃないか?

あとは夏休み最終日にイリヤとか龍子の未消化の夏休みの宿題を皆で手伝うってイベントがありそうだな。

 

 

それにしても祭りか…。何もかも皆懐かしいな…。

中学生の頃までは行ってましたが、高校生になってからはまったく行ってないなぁ~。

中学生の頃まではあの祭りの何とも言えない騒がしい雰囲気が好きで参加してましたが、
高校生くらいになると、美遊の言っていたようにぼったくりともいえる値段設定や
ストレスにしかならない人ごみにうんざりしていかなくなってしまったんですよね~。

 

今の時期ちょっと前までは千葉神社で祭りをやっていたようで、
地域の行事には興味がありますが、
人ごみを見るとうんざりして諦めちゃうんですよね~。

あの人ごみの中にも躊躇なくツッコんでいけるリア充ってやっぱりすごいなってそのたびに思い知らされます。

 

 

凛のおもらし…はまあおいといて、

美遊が浴衣の着付けを知っているんですよね。
海外で暮らしていたと言っていたのが本当なら浴衣を着る機会なんてないだろうに。

まあ美遊は頭が良すぎるから、単純に知識として知っているだけだったのかもしれませんが…。

 

美遊が秘密にしていることに関しては、

イリヤが深く美遊に踏み込む様子もないですし、美遊も頑固だからなかなか話してくれそうにないから時間がかかりそうですね。

今クールのうちには無理そうかな。

 

Fate/kaleid liner プリズマイリヤ ツヴァイヘルツ!第5話「浴衣と花火」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 2015年アニメ, TYPE-MOON