Fate/kaleid liner プリズマイリヤ ツヴァイ!第3話「日常ブレイカー」あらすじと感想

   

Fateに関しての新情報が一気に出てきましたね。Fateはあと10年は戦えるで。

以下、Fate/kaleid liner プリズマイリヤ ツヴァイ!第3話「日常ブレイカー」のあらすじと感想になります。

 

・簡単なあらすじ
クロを捕え、尋問を行った結果、目的はオリジナルであるイリヤを殺し自分が本物になることであることがわかったがそれ以上は尋問せず、クロはイリヤと一方的に痛覚共有を行わせられ、イリヤを殺すことができなくなってしまう。

これによりイリヤは命を狙われることはなくなったが、クロはルヴィアの屋敷をたやすく抜け出し、

士郎とイチャイチャしたり、イリヤのクラスメイトや担任の大河にキスをして回ったりと好き放題してまわり、イリヤの日常を壊していく。

そしてついにイリヤとクロが2人が一緒にいるところをクラスメイトと担任の大河に見つかってしまう。想定外に出来事にパンクするイリヤに対して、クロが機転を利かせ、イリヤの親戚であると名乗り、イリヤはキス魔の汚名からなんとか逃れるのだった。

 

 

・感想
喪女ww。大河は喪女ww。
いやまあ確かに冷静に考えれば喪女なんだろうけど、大河はそれでも問題ないんや!!

この世界の大河は士郎のお姉さん的ポジションではないんだろうから本当に男っ気がないんだろうな。

あれ?でも確か柳洞零観に交際を申し込まれたとかってエピソードがhollowであったような気が…。

なんにせよ、大河かわいいよ、大河。

 

そして士郎。さすがエロゲーの主人公。
でも士郎はこの世界では魔術が使えない一般人ですよね。凛とかルヴィアとどういうきっかけでフラグが建ったんだろうか?

ってか士郎に限らず他の人物の過去も結構謎ですよね。
凛も遠坂家はどうなっているのか結構謎ですし、間桐桜も実はちょっと登場していてちゃんと士郎とフラグを立てているらしいですが、凛との関係や間桐家のことも謎ですし、

そもそも聖杯戦争ってどうなったのかも謎ですよね。

ウェイバーが時計塔でロードエルメロイ2世を名乗って凛とルヴィアの後見人の勤めていることからおそらく第4次聖杯戦争はあったんでしょうけど、切嗣とアイリが健在という事はきっと原作とは違う結末を迎えたんでしょうし、

時臣、綺礼、雁夜、臓硯とかのことも気になってきますよね。

この辺は原作の漫画では語られたのかな?一部語られただけとかかな?

 

まあそんな細かいこと気にせずFate本編には存在しなかった待望のイリヤ専用ルートみたいなもんなんだから、イリヤたち小学生の可愛さを楽しもうぜ!!ってのがプリズマイリヤの正しい楽しみ方だと思いますが。

という事で次回からクロも加えてのバタバタ学園コメディが見れると思うので楽しみですね。

あれ?バゼットの出番はいつ?
なんかクロに話題を持ってかれているけど、バゼット大丈夫かな?

Fate/kaleid liner プリズマイリヤ ツヴァイ!第3話「日常ブレイカー」のあらすじと感想は以上になります。

 

それと、今年の秋からスタートするufotable制作によるFateに関しての情報が明らかになりましたね。
UBWルートを分割2クールのアニメ放送でやると聞いたときは実はちょっとがっかりしましたが、HFルートを劇場版でやってくれるという事もわかったので安心しました。

やっぱりFateはHFルートあってこそだと個人的におもっているのでこれはうれしいです。尺も前後編とかにしてくれると思いますし。
UBWルートのアニメ放送とHFルート劇場放映の問題はアニメ放送のUBWルートが終わってからでしょうから、HFルートが劇場放映されるのは2015年、2016年になるので待ち遠しいという事と、

もう一つの問題はZeroから入ったギルのファンがギルの慢心っぷりにどういう反応をするのかという事と、プリズマイリヤの後にイリヤのあの扱いを見て新規のファンがどういう反応をするのかという事ですよね。

ではまた。

 - TYPE-MOON