Fate/stay night Unlimited Blade Works 第12話「最後の選択」感想

   

1クール目のラストという事で1時間SPでやってくれたことだけでもうれしいのですが、さらに最後のエンディング曲の「THIS ILLUSION」は原作ファンにとってはたまらないサービスでした。

以下、Fate/stay night Unlimited Blade Works 第12話「最後の選択」の感想になります。

 

士郎と凛のデートシーン。まあこれは凛ルートなので、士郎と凛のやり取りを楽しむところなんですが、私は凛よりセイバー派なので、ひたすら食べているセイバーを楽しんでいました。たい焼きに対するセイバーの反応が可愛いのう。

凛の作ったサンドイッチもセイバーはすごいペースで食べていたしww。

あと、バッティングセンターでヘルメットから飛び出すセイバーのアホ毛も堪らんのう。

あ、ちなみに私はFateのヒロインは桜>セイバー>凛の順です。

 

一方大河は切嗣の墓参り。初恋の相手である切嗣からの士郎を頼むという最後のお願いを守り士郎のそばに居続ける大河はマジ乙女。

今からでも遅くない今すぐ大河ルートを作るんだww。

 

 

キャスターの襲撃は原作ゲームだと士郎たちが衛宮邸に戻ってきたら、キャスターが大河を人質に取っていたんですが、今回は冬木大橋に変更になっていましたね。

そういえばキャスターは士郎のことも調べていて、まあ割と当たっている部分もありましたけど、どうやって調べたんでしょうね?

キャスターのクラスとなると現時点でも聖杯のことを読み取れるとか言っていましたから、聖杯からこれまでの聖杯戦争の情報を引き出して調べたとかですかね。

あと人質に取った大河の記憶を引き出して調べたとか。

 

それと、涙を流すセイバーと雨に濡れて茫然自失のセイバーの姿がせつなすぎた。これエンディングどうするんだろうな。TRUEエンドじゃんなくてセイバー現界のGOODエンドがいいなぁ。

 

んで、やっとこさアーチャーが駆けつけるわけですが、ufoさんのアニメだとアーチャーがアーチャーやってますねww。
いや本来ならそれが普通なんですがね。

 

 

今回で1クール目が終わって2015年4月から2クール目が始まるわけですが、2クール目からは毎回濃厚で怒涛の展開が一気に押し寄せてきて、盛り上がりっぷりがハンパないので楽しみです。

今回、凛はアーチャーに記憶のことを訪ねていましたが、アーチャーの過去を夢で見て、薄々アーチャーの正体に気づき始めているわけですが、2クール目で明らかになりますし、

これまで随所にちりばめられていた伏線も回収されますので、待ち遠しいですね。

 

ただ、セイバー関係と今回のキャスターの発言にあった大聖杯と小聖杯に関してはこのルートでは明らかになりませんけどね。

 

Fate/stay night Unlimited Blade Works 第12話「最後の選択」の感想は以上になります。

「THIS ILLUSION」を流してくれて本当にありがたい。やっぱり今聞いても名曲ですよね。

ではまた。

 - TYPE-MOON