Fate/stay night Unlimited Blade Works 第16話「冬の日、願いの形」感想

   

もう第17話が放送されているのに、なかなか感想が書けずに1週間経ってしまいましたね。

以下、Fate/stay night Unlimited Blade Works 第16話「冬の日、願いの形」の感想になります。

 

もう冒頭から慎二のワカメ節が全開だったわけですが、よくよく考えるとこのルート以外の慎二は殺されてしまうんですよね。んでまあこのルートの慎二も最後は結構ひどい目に合うので、そう考えるとこの憎たらしい態度もまあ可愛く見えてくるはず…。いや、無理か。

 

 

そしてこのルートではセイバールートの時にも垣間見えていた士郎の歪みが明らかになるルートでもあるわけですよね。

Fate/Zeroがアニメであったので、イリヤは士郎の血の繋がっていない姉であるという事が視聴者はわかるわけですが、このルートの士郎にとってはそんなことは知らないイリヤはただの他人でしかないわけです。

それにもかかわらず、バーサーカーをあっさり倒したギルガメッシュの前に飛び出していたと考えるといかに士郎が壊れているかわかるかと思います。

子供の士郎が両耳を塞いで逃げるシーンがありましたが、火の海の中を助けを求める声を自分が助かるために無視して逃げてきたわけですから、そりゃPTSDにもなりますわ。

 

 

そこからランサーの登場で同盟を結ぶわけですが、ゲームだとイリヤが殺されるシーンで士郎がギルガメッシュの前に飛び出す選択肢を選ばないとランサーが現れてくれないんですよね。

士郎がランサーに交換条件を提示するのもゲームでは選択し次第なんですが、ちゃんと一番凛が可愛く描かれる選択肢を選んでくれましたね。スタッフGJ!!

 

今回凛とランサーは、サーヴァントとマスターとしての相性の良さをうかがわせるセリフを双方が行っていましたが、実際この2人がコンビを組んで活躍しているところを見たいと思ったら、是非Fate/EXTRAをプレイしてみてください。おススメです。

 

 

さらに超重要アイテムである凛のペンダント。本来1つしかないはずのペンダントが2つあることについて凛の口から語られて、アーチャーの正体について遠回しに語っていましたね。

この後、きちんと語られるのでここでは書きませんが、アーチャーの正体を知った上で、今回のアーチャーと葛木先生の会話を聞くと、なかなかに面白いですね。

 

Fate/stay night Unlimited Blade Works 第16話「冬の日、願いの形」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 2015年アニメ, TYPE-MOON