Fate/stay night Unlimited Blade Works 第19話「理想の末路(こたえ)」感想

   

ようやくアーチャーの口から自身の出自について語られましたね。

以下、Fate/stay night Unlimited Blade Works 第19話「理想の末路(こたえ)」の感想になります。

 

アバンタイトルは生前のまだ衛宮士郎だったころのアーチャーの世界との契約シーン。最初見たときは何のシーンなのかわからなくて、1話とばしてしまったのかとさえ思いました。

それにしてもあの場所で士郎は何を救おうとしていたんでしょうかね?メルトダウンを止めようとしていたとかかな。

Fate本編の後の士郎の活躍については、EXTRAでアーチャー自身の口からチラッと語られることはありましたが、描いた作品ってないんですよね。まあ暗い結末で終わるってわかっていますからやろうという事にはなりにくいですよね。

ってことで視聴者の想像に任せるってことになってますよね。

 

 

また今回セイバーの口から聖杯を求める理由が語られたわけですが、この辺はアニメオリジナルで初見の人への配慮で良かったですね。

ゲームだとルート制限があるのでセイバールートをクリアしてからでないと凛ルートに入れないので、もうセイバーのことは知ったうえでプレイしていますが、アニメ初見の人はそうではないですからね。

さらにセイバーの語りから自分は成し遂げられなかったことをアーチャーは成し遂げたのになぜ?という想いが伝わってくるのがいいですね。

 

 

守護者となったアーチャーがいろんな時代に召喚されて、世界を救うシーン。

あれですね、新卒として入社して希望に胸溢れている新社会人だったけど、実はその会社はブラック企業でだんだん心が疲弊していくようなものかww。

あと過去の自分を殺そうとするのは、ふいに中二病だった過去を思い出して過去の自分を殺したい衝動に駆られるあれのことですねww。

 

 

そして今回は触れないわけにはいかないのがランサーですよ。

今回アインツベルンにセイバー、ランサー、アーチャーと三騎士そろい踏みだったわけすが、セイバーとアーチャーがそれぞれ後悔を抱えているのに対して、このランサーの気持ちよさ!!

Fate/hollow ataraxiaでもランサーの口から語られていましたが、敵だろうと好きなやつは好きだし、好きなやつだろうと敵なら殺し合うだけというランサーのさっぱりした信条は兄貴と慕われるだけのことはありますよね~。

 

そんなランサーの自害シーン。

Fate/Zeroでもランサーであるディルムッドの自害シーンがあったので話題になりましたが、Fate/stay nightのランサーであるクー・フーリンの自害が元祖でっせ。

 

ランサーのクラスのこの2人は不幸系ランサーとして何かとネタになりますが他にも、

自分で自分の体を串刺しにする自害系ランサー

ビジュアル系ランサー(ランチャー)

ドサ回り営業アイドル系ランサー

とかいますので興味を持った方は是非、Fate/EXTRAとFate/EXTRA CCCをプレイしてみてくださいww。

 

 

という事で士郎対アーチャーの対決がいよいよスタートというところで今回は終了。次回はサブタイトルといい神回の予感。

Fate/stay night Unlimited Blade Works 第19話「理想の末路(こたえ)」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 2015年アニメ, TYPE-MOON