Fate/stay night Unlimited Blade Works 第20話「Unlimited Blade Works.」感想

   

今回はOPカットでこの話数にかける本気度が最初からひしひしと伝わってきましたし、事実素晴らしい出来だと思いました。

以下、Fate/stay night Unlimited Blade Works 第20話「Unlimited Blade Works.」の感想になります。

 

冒頭はランサーのかっこいいシーンから。

まあ慎二は相変わらずワカメだったという事でいいとして、綺礼はあっさりやられすぎではないかと思う方もいるのかもしれませんが、いやいやランサーがすごすぎるだけですからね。

前作のFate/Zeroで同じくランサーのディルムッドは槍で自分の心臓を貫いてすぐに消滅してしまいましたが、こちらのランサーがまだ動けたのは彼の持つ「戦闘続行」というスキルのおかげ。このスキルのおかげで全サーヴァント中最高のしぶとさを誇ってますからねぇ。

それと凛とランサーのやり取りを見て、このカップリングいいなと思った方は是非Fate/EXTRAをプレイしてみてくださいね。

 

 

んで今回の、というよりこのルート最大の見せ場である士郎対アーチャーの対決。

これは原作者の奈須きのこさんの全面監修という事でかなり手が加えられていましたね。でもアニメ初見組と原作組で評価が分かれているみたいですね。

ん~、アニメ組からするとアーチャーのセリフとか士郎の回想シーンとかでテンポが悪く感じるのかな。いいからさっさと戦えやと。

 

でもアーチャーにしてもただ士郎を殺すだけなら今のアーチャーの状態でも簡単にできるだろうけど、それをしないのは士郎の心を折って絶望させてから殺したくて、さらに壮絶な八つ当たりをしている状態だからどうしたってテンポよく殺し合いになんてならないんですよね。

 

それに今の士郎が始まったシーン、士郎が切嗣に助けられたシーンですね。

あの火災の被害者たちが後ろに立っている中、歩き続け、そこから剣を引き抜き、アヴァロンが発動するシーンとか最高ですよ。

特に剣を引き抜くシーンは原作ゲームのOPで士郎が剣を引き抜くシーン、そしてセイバーが選定の剣を引き抜くシーンと同じような構図で描かれていて、最高でした。

 

そもそもなぜ士郎が剣を引き抜くシーンがあって、それをセイバーと重ねているのかと言うと、この2人は似ているんですよね。生き様が。

これはセイバールートにてセイバー自身が思っていたことなわけですが、どちらも借りものの願いを持ち最後まで走り続けるその生き様が同じなんですよね。

セイバーは選定の剣を引き抜いて王となったときから、士郎は切嗣に救われたその時から。借り物の願いを叶えるために生きることになる人生を剣を引き抜くシーンを描いて表しているんだと思います。

んで、士郎もセイバーもどちらも借り物の願い叶えるために生き続けた人生だったけど、それを叶えられなかったのがセイバーなのに対してそれを叶えたのがアーチャーだったので、前回セイバーはアーチャーに問いかけたわけですね。

それに対してアーチャーが士郎との剣戟の中で八つ当たりのように「偽善」だと答えていたわけで、それは士郎だけでなくセイバーにも当てはまったのでセイバーはあんなにも狼狽えていたと。

セイバーはただ立っているだけで、士郎の中に埋め込まれたアヴァロンに魔力を供給するだけのただの回復係じゃんというツッコミがありそうですが、それだけのためにいたんではないんだよという事が伝わるといいんだけどなぁ。

 

という事で次回は士郎対アーチャー決着ですね。

Fate/stay night Unlimited Blade Works 第20話「Unlimited Blade Works.」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 2015年アニメ, TYPE-MOON