Fate/stay night Unlimited Blade Works 第21話「answer」感想

   

なんかいろいろあったけど、結局最後の慎二が全部持って行ったような気がするww。

以下、Fate/stay night Unlimited Blade Works 第21話「answer」の感想になります。

 

戦闘アクション自体はそこまでなかったので物足りなく感じた方もいるのかなとは思いますが、

士郎を殺すこと自体は簡単だけれども士郎の心を折って絶望させてから殺さなければ意味がないとアーチャーは考えているわけですが、士郎は前回で願いを思い出して立ち直ったので、アーチャーは士郎を殺すことは出来ても屈服させることは出来なくなった。

という事で士郎対アーチャーの決着自体は実質前回でついたようなものなんですよね。

だからそんなに長々と戦闘をやることにはならないんやで。

 

それにしても士郎の叫びと共にアーチャーの固有結界から空が開けていく様は素晴らしかったですね。

あれは士郎の固有結界がアーチャーの固有結界を侵食しているのか、それともアーチャーが士郎を否定できなくなってきたからなのかわかりませんが…。

 

あとアーチャーの回想での恰好がFate/EXTRA CCCのサーヴァントエンドでの恰好だったのはうれしかったです。

 

 

そういえばセイバーも王の選定をやり直すという自分の考えを改めつつあるように描かれていましたね。ゲームではセイバールート以外ではセイバーは自分の考えについて語ることはそんなになかったと思うんですが(たぶん)、アニメでは士郎とアーチャーを見て、自分を重ね合わせているのがよくわかりますね。

そして少女アルトリア可愛いな。やっぱり。

なんというかこの2人のやり取りがセイバーにとっての救いになりつつあるような気がしてます。ってことはUfoはもう本当にセイバールートをアニメ化するつもりは無いのかもしれませんね。桜ルートをやった後にもしかしたらやるかもって思っていたこともありましたが、

士郎とアーチャーを見て自分の選んだ道に間違いはなかったと思い始めていて、さらに今回ギルガメッシュから聖杯が汚染されたものだと知らされた以上セイバーにもう聖杯を求める理由はないわけで、そうなったのにまたわざわざセイバールートをやるのもどうなの?ってなりますよね。

 

 

んでギルガメッシュがラスボスとして登場して、ネタばらしやらなんやらがあったわけですね。それとギルガメッシュの裸というノルマは無事達成ですねww。

 

そこから慎二が肉塊になったわけですが、

「増える、増える」

ってワカメじゃねェんだからさ、いや慎二はワカメだったかww。

まるで水を吸って膨らんでワカメみたいなことになってましたね。神谷さんの演技も素晴らしかったですし、この慎二に肉塊もアニメで見られて満足です。

ってか慎二こんなことになっているのに、このルートが慎二が唯一生存できるルートなんだから驚きですよね。こんな目にあっても生きている慎二って…。

 

次回は衛宮邸で最終決戦の準備やら一時の安らぎですかね。そういえば最後はTrueエンドとGoodエンドどっちで終わるんだろうか?

Fate/stay night Unlimited Blade Works 第21話「answer」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 2015年アニメ, TYPE-MOON