Fate/stay night Unlimited Blade Works 第22話「冬の日、遠い家路」第23話「顕現」感想

   

こちらも牙狼と同様にまとめて書きました。仕事が思ったり忙しいです。まあ仕事好きなのでありがたいことです。

以下、Fate/stay night Unlimited Blade Works 第22話「冬の日、遠い家路」第23話「顕現」の感想になります。

 

第22話は士郎に凛の魔術回路の一部を移植する回ですね。というかイチャイチャ回ですね。

ちなみに士郎が見た凛の記憶で士郎が走り高跳びをしているシーンがありますが、あのシーンは桜ルートでも登場するすごい大事なシーンですので桜ルート映画化まで是非覚えておいていただきたい。

 

あとセイバーがすごい心のつっかえが取れたようなすごい穏やかな表情をしていましたね。

もうセイバーも使命から解放されたってことなんだろうな。ってかゲームでは凛ルートでセイバールートがあるのでここまでセイバーのことをやってなかったと思うんだけど、今回はアニメだからでしょうね。

このアニメが始まった当初は最後はGoodエンドなのかTrueエンドなのかどちらになるのか気になっていましたが、これはTrueエンドになりそうですね。

というかセイバーが消滅したら聖剣を湖に返してそのままベディヴィエールに看取られるシーンまで映像化しそうな勢いですね。

 

 

第23話はバトル回。

士郎の投影した剣を一斉掃射するシーンって何気に初めて見た気がする。あとギルガメッシュもエアを使用するシーンがあってよかった。ゲームだとこの対決はギルガメッシュがただひたすら慢心していて、かっこ悪かったという印象しか残っていないのですが、そうならない配慮になっているのかな。

 

慎二を救出する凛ですが、あの慎二の情けないアヘ顔は写真に残しておけば一生慎二に嫌がらせが出来そうだなと思ってしまいました。

あと結構あっさりと具現化した呪いから慎二が抜けましたね。なんか拍子抜けでした。

 

セイバー対アサシンのバトルはセイバーがアサシンの燕返しを破るシーンが初見の人からしたらなぜ破ることができたのかわかりにくかったかもしれませんね。あと燕返しを破ることができた理由がゲームとか微妙に違いましたね。

ゲームだとセイバーの剣の威力にアサシンの物干し竿が曲がってしまい、それゆえに燕返しの包囲に隙ができそれを見抜きセイバーがそこを突破して切り伏せるという決着でした。

今回は刀身は曲がっていないが、柄の部分が同じくセイバーの剣の威力で破損してしまい、それによって燕返しの包囲に隙ができたんでしょう。

アサシンの物干し竿の柄の部分にヒビが入っている描写がありましたから。

 

次回は慢心王ギルガメッシュが見れるのかな。

Fate/stay night Unlimited Blade Works 第22話「冬の日、遠い家路」第23話「顕現」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 2015年アニメ, TYPE-MOON