Fate/stay night Unlimited Blade Works 第3話「初戦」感想

   

今回もすごかった。戦闘シーンでバーサーカーがあそこまで軽快に動いているのを見るのは初めてでした。

以下、Fate/stay night Unlimited Blade Works 第3話「初戦」の感想になります。

 

バーサーカーとの戦闘回でしたが、さらに凛対イリヤというマスター同士の対決もオリジナルで作られていてすごかったですね。

バーサーカーの戦闘シーンってDEENでアニメ化されたものだと、確かすごい重戦車のように突進してくるというイメージでしたが、今回のufoでは軽快な動きも見せていて、バーサーカーにするのがもったいないくらいの能力ですよね。

バーサーカーの体が赤く発光するのもよくやってくれたなと。

 

 

それにしても初っ端からバーサーカーとか無理ゲーすぎるよなぁ。RPGとかアクションゲームだったら絶対負けイベントだよww。

ただまあFateはノベルゲームですから、選択肢さえ間違わなければ生き残れるんですよね~。

ちなみに今回士郎が凛の言うとおり一人だけ逃げていたら殺されてBADENDなんですよね。

このイリヤとバーサーカーによって士郎がBADENDを迎える数はかなり多くてタイガー道場にかなりお世話になるわけですが、実は士郎は一番殺しているのはイリヤとバーサーカーのコンビではなくて、とある後輩系ヒロインなんですよねww。

 

 

今回のオリジナルで作られた凛対イリヤというマスター同士の対決、イリヤの魔術はアイリを思い起こさせる技でよかったなと思ったわけですが、

凛のガンドの撃ち方で笑っちゃいました。
確かDEEN版でガンドを打った時も幽遊白書の霊丸みたいだとツッコまれていたような気がしますが、今回はウルトラマンの八つ裂き光輪みたいな構えしてるじゃねえかよww。もしくはゾフィーのM87光線ww。

もう少しかっこいい構えがなかったものか。

ガンドは本来指でさした人間を病気にさせる魔術なので、DEEN版と同じでいいんじゃないかな。まあ凛の場合は威力がありすぎて物理的な破壊力も備わってしまっていますが。

 

 

また今回セイバーがストライクエアでバーサーカーを一度殺すのもオリジナルですよね。まあこのルートならバーサーカーの命がいくつ残っているかとか関係ないですからね。

あとその後アーチャーが「それでは足りぬ。」と言ってカラドボルグを打ち込んでいましたが、バーサーカーについて思い出しているのかな?

確か召喚されたばかりの時はほとんど記憶がなかったけど、徐々に記憶を思い出していっているんだったかな。
もうこの時点で自分のことと、本来の目的も思い出していると考えていいんですよね?

 

ってか最近はアーチャーはFate/EXTRAとCCCのイメージが強いから、今回のラストのような邪悪な笑みを見てしまうと、Fate/EXTRAとCCCのアーチャーは綺麗なアーチャーだったんだなと思い知らされますね。

Fate/stay night Unlimited Blade Works 第3話「初戦」の感想は以上になります。

ではまた。

 - TYPE-MOON