Fate/stay night Unlimited Blade Works 第4話「戦意の在処(ありか)」感想

   

ちょっと慌ただしくて感想作成が遅くなってしまった。今回は戦闘なしの回でしたが、それでも面白かった。

以下、Fate/stay night Unlimited Blade Works 第4話「戦意の在処(ありか)」の感想になります。

 

今回はアバンから素晴らしいシーンでしたね!!
いや決してイリヤのお風呂シーンで見えそうで見えない感じが良かったというわけではなく、イリヤとセラ、リズとの会話内容がよかったという事ですよ(;^_^A アセアセ・・・

本当です!信じてください!!

 

バーサーカーの宝具に関しての説明を入れて、さらにイリヤが士郎を狙う理由がわかるようにしていましたからね。

イリヤが士郎を狙うのは切嗣への怒りを士郎へ向けているのと、本来ならば自分に向けられるはずだった切嗣の愛情が自分ではなく士郎に取られてしまったことへの怒りなどですかね。

バーサーカーに関しては、宝具は複数個ストックされており、敵に知られても対処のしようがないという性質のものであるという事ですね。
ってかバーサーカーの宝具って3日で1個ストックが回復するのね。それは原作ゲームをプレイしていても知らなかったことですわ。見逃していたことのかな?

 

 

士郎の方はセイバーを学校案内。

ってかさ、桜も美綴も大河も可愛いよな。あんな可愛い女子と部活動できるとか弓道部は男子が大量に入部するだろ!普通なら。

セイバーの学校案内は今回のアニメではカットされてますが、セイバーが生徒が部活動をやっているのを見て、昔剣を使ってゴルフをやって怒られたことがあるという事を士郎に話すというセイバーのお茶目な一面が見れるエピソードがあります。それがカットされてしまったのは残念。

ちなみにこのセイバーの学校案内は凛ルートでなければ基本発生しないのですが、セイバールートでもこの学校案内を発生させることができます。

その場合は次の日のイベントで強制的にバッドエンドを迎えることになりますが…。

ともかくセイバールートをまだクリアしていなくてセイバーの正体がわからない状態でこの学校案内を発生させて、セイバーの剣でゴルフの話を聞くと、彼女の正体を予想するヒントになったのを今でも覚えています。

 

 

そして今回一番の見所ともいえるのが、士郎と美綴の会話シーンですよね。

これ原作だともっとあっさりとした内容だったと思うのですが、いざアニメにしてみると士郎に笑わないでしょと言う美綴とそれに対する士郎の反応はゾクッとするものがありますね。

この凛ルート(Unlimited Blade Worksルート)はセイバールートでも垣間見えていた士郎の心の歪みが明らかになるルートですので、今後も期待です。

まあ一言でいうとPTSDなんじゃないかと思いますけど。

それにしても美綴はいい体していて、性格もさっぱりしていて、いい女ですよね。

 

Fate/stay night Unlimited Blade Works 第4話「戦意の在処(ありか)」の感想は以上になります。

ではまた。

 - TYPE-MOON