Fate/stay night Unlimited Blade Works 第9話「二人の距離」感想

   

一成のあのシーンはゲームをやって知っていましたが、映像にした時の破壊力ときたらww。

以下、Fate/stay night Unlimited Blade Works 第9話「二人の距離」の感想になります。

 

今回は戦闘シーンなしで、キャスターのマスターさがしだったり、凛とイチャイチャしたり、子供のころに士郎の話を大河がセイバーにしたりとFate/Zeroを見ているとより一層楽しめるシーンが多めでしたね。

 

凛は士郎に話しかける時に距離感がおかしいですよねww。あれ、男だったら絶対勘違いしちゃうでしょww。

朝、学校の校門のところでいきなり士郎の手を両手で握って話すところなんか他の男子生徒がガンミしてましたね。

しかもその会話の内容が一成についてとか。傍から見たら士郎、凛、一成の三角関係を疑われてもおかしくないんじゃなかろうか。

 

そして今回一番の衝撃を放っていた一成の上裸シーンですが、一成の体を隠すしぐさがいかにもでww。

ゲームをやっていた時も笑ってしまいましたが、映像にした時にあそこまで破壊力が増すとは。

ちなみにゲームだと選択肢があって、今回のように一成をひん剥くのと一成に質問する選択肢が出ます。質問する方を選ぶと、キャスターが仕掛けた魔術が発動して一成がキャスターの手駒になってしまい、デッドエンドとなるんですよねぇ~。

 

 

その後、士郎が一成の件を凛に報告するシーンで、桜のことが話題になるわけで、私としては士郎の桜お見舞いイベントとかあってほしいんですが、これは凛ルートなので致し方なし。

また凛が養子のことについて士郎に質問していましたが、士郎も衛宮の養子となったわけですので、言葉に重みがありますね。
それと、凛はなんだかんだでずっと桜のことを気にかけているんですよね。凛が弓道場をいつものぞいていたのは桜のことが気にかけての行動ですし。

まあその辺のことは劇場版のHFルートで。

 

 

大河から子供のころの士郎の話をセイバーが聞くシーンではセイバーの反応が、

Fate/Zeroを知る前ゲームでこのシーンをやっていたときは、子供のころの士郎に対して反応するセイバーに見えていましたが、

Fate/Zeroを知った後だと、自分の知っている切嗣と大河の話す切嗣の変わり様に反応するセイバーに見えてしまいますね。

Fate/stay night Unlimited Blade Works 第9話「二人の距離」の感想は以上になります。

ではまた。

 - TYPE-MOON