Free!-Eternal Summer- 第5話「決意のヘッドアップ!」あらすじと感想

   

今回は渚回だったわけで、渚が1期の時に水泳部復活にあれだけ熱心だった理由がわかる回でしたね。

以下、Free!-Eternal Summer- 第5話「決意のヘッドアップ!」のあらすじと感想になります。

 

・簡単なあらすじ
テントを張って野宿しようとしていた渚を見つけた遥は渚を家に泊めることに。
渚の様子はどこかおかしく、部活後もおかしな様子は続いていた。そしてその日も夜、遥の家にやってくる渚。

どうやら家出したとのことで、真琴と怜もやってきて渚から家出の理由を伺ったところ、勉強の成績が良くないことを理由に親に水泳部をやめさせられようとしているとのこと。

渚の親が渚を連れ戻しに向かっているとわかり、4人は岩鳶スイミングスクールへ逃げ、そこで渚は中学時代のこと、そして岩鳶高校に進学した理由を話す。

それを聞いた怜はきちんと親と向き合うようにと渚を説得。

遥から連絡を受けてやってきた天方先生にも諭され、渚は親と向き合うことを決意。

渚の熱意が伝わったのか渚は水泳部を続けられることになったのだった。

 

 

・感想
今回は鮫柄学園サイドは最初のみで岩鳶高校の4人がメインで1期の雰囲気を思い出す回でした。

1期といえば、1期では岩鳶高校は水泳部が無くなっていた状態から復活させたわけで、それは渚が入学したことがきっかけだったわけで、あの時はなんでそこまで水泳部の復活に拘るのかわかりませんでしたが、今回の話を聞くとあれだけの熱意があった理由に納得がいきますね。

バリバリ進学校の中学で特に目的もなく勉強漬けだった反動なわけですね。

 

勉強はスポーツや芸術と違い、才能とか関係なく努力すれば誰にでもできるようになるのが勉強だと思っています。だから勉強したことが将来役に立つ立たない関係なしに勉強はきっちりやっていい成績を残しておくべきだと思っています。

なぜなら努力すれば誰にでもできるようになる勉強すらできない人間に仕事を任せたいと思わないからです。

というのが個人的な学校での勉強に対しての考え方なわけですが、

まあそうはいっても何かしら目標がないと勉強に身が入らないのも事実ですよね。

私は結構負けず嫌いでしたので、テストの点で友人に負けたくないという想いから勉強を頑張れていたと思います。

周りはどうやって勉強に対してのモチベーションを保っていたのだろうか?

 

それにしても今回遥は落ち着いていたな。
岩鳶スイミングスクールに逃げ込んだのも遥の案だし、天方先生に連絡していたりと、

普段はマイペースで何考えているのかわからない遥ですが、いざという時は頼りになりますね。さすが主人公!!

次回は県大会スタートっぽいですね。

Free!-Eternal Summer- 第5話「決意のヘッドアップ!」のあらすじと感想は以上になります。

 

 

7月30日水曜日放送のその他のアニメ

・ヤマノススメ セカンドシーズン
私は山登りはしませんが、動いて汗をかいた後の温泉は最高ですよね。自転車ツーリングの後とか最高です。
お風呂に入るのってかなり体力使う事なんですが、自転車で疲れていても余裕で入れますよね。

 

・幕末Rock
相変わらずツッコミどころ満載でしたね。歌っている最中に裸になるのはもう今更ですが、歌いながら大気圏突入しちゃってるし、新選組は剣で衝撃波とか飛ばしてますしww。しかも演奏が始まると急に攻撃をやめるのな。

沖田総司はやっぱ術でもかけられているんですかね。

 

・まじもじるるも
風紀委員長小学生のころは可愛かったのになぜ劣化したし。

ってかエログッズに関しては今はネットが普及していますので、ちょっと話としては無理がある気が…。

あと風紀委員の取り締まりを見ていて主婦たちによる風俗店の取り締まりの問題を思い出しました。主婦たちの取り組みで風俗店を排除したのはいいけどアングラ化して売春が多くなって逆効果になった例があったという記事を見たことがあるような気が。

つまり何を言いたいかと言うと合法的なエロい商品とか風俗店は必要不可欠。

…すみません、忘れて下さいww。

 

・LOVE STAGE!!
今回もDAIGOによるDAIGOのための回だったな。

まあ冗談はおいといて、龍馬の告白は意外によかったと思う。それっぽいBGMが流れればよく見れるマジックにかかってしまったと思いたいです。

ではまた。

 - 京都アニメーション