<フィギュア>バンダイ S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーディケイド真骨彫製法 買っちゃいました。

   

もう1か月くらい前になりますが、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーディケイド真骨彫製法を買いました。S.H.フィギュアーツの進化にびっくりです。

 

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーディケイド真骨彫製法1

パッケージと一緒に。

真骨彫製法はパッケージも高級感があっていいですよね。いつもフィギュアのパッケージの箱は捨てはしませんが、平らにして保管しています。ただ真骨彫製法のパッケージはそのままで保管しておきたくなってしまいます。

あと、顔パーツは激情態の方が好きなのでそちらにしてます。

 

仮面ライダーディケイドは今、ニコニコ動画でも毎週配信をしていますし、アマゾンプライムの会員になって1年くらい経つと思うのですが、仮面ライダーディケイドがプライムビデオで見ることができて、ちょうど個人的にディケイドかっこいいじゃんと思っていたころに見透かしたように発売だったので買ってしまいました(笑)。

というかプライムビデオは仮面ライダーのテレビシリーズと映画もほとんど見れますし、今後どんどんラインナップも増えていくと思うのでマジでおすすめです。

 

 

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーディケイド真骨彫製法2

私が持っているS.H.フィギュアーツの仮面ライダーフィギュアを揃えてみました。

ちなみに真骨彫製法のクウガアルティメットフォーム、仮面ライダー龍騎サバイブ&ドラグランザーセット、仮面ライダーナイトサバイブ&ダークレイダーセットは予約済みですので、発売が待ち遠しいです。

 

左から古い順に並べました。たぶん間違っていないと思います。

んで、古い順に並べてみるとやっぱりS.H.フィギュアーツの進化が見て取れますね。最近発売されたバロンレモンエナジーアームズやディケイドは本当に劇中のスーツをそのまま小さくしたみたいに感じられます。

カブトやジョーカーも購入した時はよくできていると感心しましたし、カブトの真骨彫製法が発売されるとなったときもそこまで変わらないだろうとたかをくくっていましたが、

こうして実際にディケイドの真骨彫製法を手に取ってみると、やっぱりカブトやジョーカーは身体や腕、足の線が細いですね。
可動を損なわず、線を劇中のスーツの太さに近づけようと試行錯誤を繰り返してきたんだなと感じられます。

 

 

ということで真骨彫製法シリーズ、クウガのアルティメットフォームの次は何が来ますかね?

昨年のTamashii Nation 2015で展示を見たときは確かクウガのアルティメットフォームと並んでン・ダグバ・ゼバの真骨彫製法が展示されていて、

あとカブトの真骨彫製法と並んで、ガタックが並んで展示されてましたから、次はその辺りかなと思っているんですが、どうなるかな?

個人的にはやっぱりダブルが好きなので、楽しみに待っています。

まあ主人公ライダーの基本フォームは全作品真骨彫製法で出しますよね。きっと。

 

 

ってことで以上です。

ではまた。

 - S.H.フィギュアーツ