映画「帰ってきたヒトラー」を見てきました。

   

これ近場の映画館だと上映していなくて、映画を見るために電車を利用する羽目になってしまいました。

 

見終わって思ったのは、アメリカでのトランプ氏の躍進やら、イギリスのEU離脱投票やらで右傾化が叫ばれているこの時期に公開されたのはすごいタイミングだなと感じました。

 

映画のラストのほうで、ヒトラーが

「私は人々の一部だ」だったかな?

まあそんな感じのセリフがあるのですが、結局この一言に尽きるなというのが私の感想です。

難民問題などの不満やそれによって起こる暴動やデモなど、それら人々の意識や行動をこの映画ではヒトラーが現代に蘇るという形で表現されているんだなと私は感じました。

つまり今の難民や外国人排斥運動などから当時のヒトラーの影が見て取れるとこの映画を見た人たちに伝えたかったのではないかと。

 

 

あと映画で顔にモザイクかかった人たちが結構映ったんですが、これはエキストラでもなく本当にただの通行人とかだったってことかな?

ヒトラーがドイツ各地を回りいろんな人から現状の不満などを話を聞くシーンがあるのですが、つまりあれはエキストラではなく取材許可を取った一般の人たちにインタビューをしていたってことですかね?

 

 

それと、映画「ヒトラー 〜最期の12日間〜」の地下壕で将軍たちにヒトラーがブチキレる嘘字幕でも有名なあのシーンのパロディが盛り込まれていたのには驚きましたし、劇場で見ていて思わず笑ってしまいました(笑)。

 

うんまあ、結局のところ総統閣下シリーズのパロディがあったのが思いのほかうれしくてそれを伝えたくて感想を書いただけなんですけどね。

ではまた。

 - 映画