映画「シン・ゴジラ」見てきました。

   

この記事本当は1か月前に書くはずだったんですが、いつものごとく更新をさぼってしまいました。何というか今年はいろいろと試練の年でブログ書く余裕がない。

 

うん、面白かったです。
なんかもう今更偉そうに考察やら解説をするつもりはありませんが、これがきっかけで過去のゴジラ作品を見返す人が増えて、そこからさらに日本の特撮すげぇーってなる人が少しでもいればうれしいですね。

 

 

あと、映画観る前にネットの書き込みでゴジラっていうかイデオンみたいだったって書いてあったのを見て、そんな馬鹿なと思っていましたが、本当にイデオンみたいだった(笑)。

あとナウシカやエヴァQの上映前に放映された短編映画の巨神兵みたいでした。

ナウシカでは庵野秀明監督は原画で参加しているようですし、庵野秀明監督の過去作品にはイデオンに影響された演出があるようですので、少なからず意識はしていそうですよね。

 

 

庵野秀明監督にはエヴァの映画を完結させてほしいという想いもありますが、個人的には今回のシン・ゴジラを見て、ウルトラシリーズの制作に携わってほしいという想いが強くなりました。

今のウルトラシリーズって完全に子供向けになっているんですが、昭和のウルトラマン、ウルトラセブン、帰ってきたウルトラマン、そして平成3部作のティガ、ダイナ、ガイアのような大人も楽しめるような作風のウルトラマンをぜひ作ってほしいです。

大人も考えさせるようなストーリーというのはもちろんですが、あとは怪獣や宇宙人のデザインですね。今はこれまでのシリーズで人気のある怪獣や宇宙人が使いまわされているのがほとんどですが、やっぱり味のあるデザインの怪獣や宇宙人が出てきてほしいところです。

 

とまあなんかシン・ゴジラの感想というよりウルトラシリーズへの愚痴になってしまいましたが、それだけ特撮作品が盛り上がってほしいと思っているということで。

ではまた。

 - 映画