武尊牧場スキー場 感想

      2017/09/18

2月24日日曜日にスキーに行ってきました。
タイトルにあるように武尊牧場スキー場という群馬県のスキー場に行ってきました。24日は最初からそのスキー場に行くつもりではなく別のスキー場に行くつもりでした。
流れとしてはGALA湯沢スキー場を目指して車で高速道路を走っていたところ視界がホワイトアウトするほどの大雪になってしまい、いやな予感がしたのでGALA湯沢スキー場に問い合わせたところリフトが全面運転見合わせで営業をしないとのことだったので、急遽引き返して丸沼高原スキー場を目指しました。
しかしその丸沼高原スキー場もゴンドラの運転を見合わせているとのことで今回の武尊牧場スキー場に行くことに決まりました。
この武尊牧場スキー場にした理由は小さなスキー場でリフトしかないのでこの悪天候でも全コース問題なく営業しているであろうとの予想からです。
気温は氷点下、雪が降り積もり時折強風が吹きすさむすごい天気でしたが、パウダースキーを楽しむことができました。
この武尊牧場スキー場は小さいスキー場ですので高速リフトがないという点がデメリットですが、パウダースノーを独占でき、パークが充実しているのがメリットかと思います。どちらかというとスキーヤーよりボーダーよりなスキー場かと思います。
また、ゲレンデ内のレストランも少ないのでお昼時は非常に混雑し席を確保するのが大変ですが、料理の量が多くてガッツリ食べたい学生などにはよいかと思います。
けっしてメインではないですが、サブで押さえておきたいそんな穴場的なスキー場かと思います。
あ、今回は写真なしです。寒くて写真撮るどころではなかったです。

 - 旅行