サイクリング 成田・佐原へ自転車で行ってきました

      2017/09/18

6月23日の日曜日に成田・佐原方面へサイクリングへ行きました。
成田は成田空港があるので、飛行機を近くで見ることができますし、
佐原は昔ながらの町並みを残していて、ドラマのロケにも使われています。
ということで行ってみたいと思っていたところでした。(特に佐原に)
距離的にもサイクリングで千葉市から日帰りで行って、帰ってこれる場所です。

まずこの記事では千葉から成田までの事を書こうと思います。
スタートは前回の千葉房総半島一周サイクリングと同じように千葉公園からのスタートです。サイクリングのメンバーも同じです。

千葉市から成田・佐原に行くのは簡単でずっと国道51号を走ればいいだけなので簡単です。
ただ、国道51号を走っていると千葉都市モノレールの桜木駅の近くの線路の下を通ってしばらく走ると急に道幅が狭くなるところがあるので注意が必要です。
トラックなどが多いとかなり怖いです。
私たちが自転車で房総半島一周した時はトラックの交通が多くてかなり怖かったです。
ちなみに今回は日曜日だからなのか、時間帯が早かったからなのかわかりませんが、車の交通量自体少なくスムーズにサイクリングすることができました。
あっという間に酒々井を通過し、成田まで行くことができました。
成田駅まで来ると、交通量が多いのと、信号が多いので注意が必要です。
成田駅を通過し、成田空港が近くなるので、もろに自分の真上を飛行機が通過していきます。
その飛行機のあまりの近さに興奮していた私たちは国道51号線沿いにある十余三の「東雲の丘」というところを発見しました。

成田・佐原サイクリング2

この十余三の「東雲の丘」ですが、この小さな丘を上まで行くと、成田空港の滑走をが見渡せるようになっています。

成田・佐原サイクリング3

中にはものすご~い高そうなカメラを持ち込んで撮影している人も…。

成田・佐原サイクリング5

上の写真のようにものすごく近くから見ることができます。
本当は私たちの方へ向かって離陸していく飛行機の写真も撮ったのですが、デジカメは持ってきておらずスマホで撮ったためうまく撮ることができませんでした。
やっぱりあんなデカいものに浮力を発生させようとするのですから、滑走路を飛行機がものすごいスピードで走るんですよ。
普段テレビとかで見ると全然スピード出ていないように感じますが、実際に生で見てみてそのスピードに驚きましたね。
ついでに今回サイクリングにいったメンバーの後ろ姿です。(撮影者が私のため、私除く)

成田・佐原サイクリング9

ちなみに一番右の彼は前回の房総半島一周のサイクリングではかっこいい赤のロードバイクに乗っていましたが、今回はそのロードバイクは実家にあるとのことで、ママチャリでの参戦になりましたww。
この時点での走行距離は25kmほどです。
もうこの距離でママチャリではありえない距離ですが、私を含む残り3人は比較的余裕をもってサイクリングを楽しむことができていました。
また先日購入した
・サイクリング用ヘルメットの「OGK・KABUTO・FIGO」

サイクリング用ヘルメット OGK KABUTO FIGO

・「[crau]スポーツサングラス0089」

サイクリング サングラス

これら2つのアイテムを今回の千葉市から成田・佐原のロングライドで初めて本格的に使用したわけですが、なかなかに良かったです。
特にサングラスは紫外線から目を守ってくれるだけでなく、車などが通行した時に跳ねた小石などからも目を守ってくれるのでかなり助かりました。
ということでこの記事はここまで。成田から佐原は次の記事で書きます

 - 旅行