サイクリング 成田・佐原へ自転車で行ってきました 続き

      2017/09/18

6月23日の日曜日に成田・佐原方面へサイクリングへ行きました。
この記事は前回の続きの記事になります。
前回の記事ではスタートの千葉市から成田まで書きました。
今回は成田から佐原まで書きます。

 

十余三の「東雲の丘」で飛行機を身近で見ることができて子供のようにテンションが高くなった我々はその勢いのまま佐原を目指します。

 

本音を言うと、
成田山にお参りにも行ってみたかったですし、
成田空港建設反対の象徴と言われる「東峰神社」にも行ってみたかったのですが、佐原に行くことも目的でしたので今回はスルーしました。

さて、佐原までは成田からおよそ1時間ほどのサイクリングで着くことができました。
ただ、成田から佐原の道のりはこれまでより若干登り坂が多い印象でした。そのせいかママチャリで参戦の後輩が若干遅れだしますww。
千葉市から佐原までおよそ55kmです。
もうこの時点でママチャリではありえない距離なのですが、まだ復路のサイクリングがあります。
本当に今回ママチャリで参戦した後輩には頭が上がりませんww。

ちなみにママチャリで参戦した後輩はすんなりと最短ルートで佐原駅まで行くのですが、私含む残りの3人は本来なら国道51号から右折するところをスルーしてしまい、
あやうく利根川を渡って茨城まで行ってしまうところでしたww。
何とか利根川を渡る前に気づき、ルート修正し無事佐原駅まで来ることができました。

成田・佐原サイクリング12

写真のように佐原駅は暖簾がかかっていたり、瓦屋根になっていたりとなかなかに趣がある造りになっていました。

成田・佐原サイクリング13
成田・佐原サイクリング15

ということでちょうどお昼時なので、昼食にしようとお店を探していたら、いい感じのお蕎麦屋さんを見つけました。
「小堀屋本店」というお蕎麦屋さんだそうで、このお店の建物は千葉県指定有形文化財となっているそうです。
日曜ということもあり観光客で賑わっており、車も多く、お蕎麦屋さんもかなりお客さんが並んでいました。しばらくして案内され、私は写真の黒切りそばとミニ天丼のセットを注文しました。
おいしかったのですが、サイクリングで多大なカロリーを消費している我々には少し物足りませんでした。
食事の後は、佐原の町を散策します。

成田・佐原サイクリング21
成田・佐原サイクリング19

柳の木と昔ながらの建物がいい味を出しています。
ただ、見たところそんなに街灯がなかったのでこれは夜は柳の木も相まってかなり怖い雰囲気になっているのではないでしょうか。

 

また、有料で渡し船に乗ることができるようにもなっています。
そして、どうやらここ佐原は江戸時代に日本地図を完成させたあの伊能忠敬の旧宅があります。伊能忠敬記念館なるものもありますので、気になる方は是非行ってみてください。

ちなみに私は知りませんでしたww。すみません。

 

この佐原はドラマのロケによく使われており、
私の好きな牙狼シリーズ、「牙狼<GARO>~MAKAISENKI~」の第10話でレオとカオルが霊獣の姿を見るために歩いた獣道にこの佐原の町並みがあって、すごい趣のあるいいところで行きたいと思うようになりました。

 

んでまあ今回の成田・佐原のサイクリングに至ったわけですが、雰囲気のいいところでしたし、距離的にも往復でおよそ110kmくらいで程よい距離で楽しむことができました。
ちなみにこの前日は「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」の2期第12話が放送された日(あやせが京介に告白して断られた回)でして、後輩の一人があやせのことを嘆いていたのが気持ち悪かったですww。

お前が言うな!!

 

さて、あとは来た道を戻るだけなのですが、成田を過ぎたあたりから私の右ひざが悲鳴を上げだし、スピードが全然出せなくなってしまいます。ママチャリで参戦した後輩にもおいていかれる始末で迷惑をかけてしまいました。
痛み出したのは右ひざの外側でして、あとから調べたところによると、どうやらがに股でペダルをこぐと痛むらしいです。
これからサイクリングの時はがに股にならないよう意識しなくては!!
まあ何とか千葉市に戻ってくることができまして、今回のサイクリングも無事事故なく終わることができました。

 - 旅行