しまなみ海道 サイクリングロードの紹介

      2017/09/18

いやーなんか気が付いたら暖かい季節になってきましたね。私は今月末に今シーズン滑り納めのスキーがありますが、もうすっかりサイクリングをするのが気持ちのいい季節になりました。

以前記事にしたスキー&サイクリング愛好家による飲み会で飲み会に参加していたメンバーの一人が先日「今年は北海道にサイクリングに行きたいのでプランを作ってきました。」とメールを送ってきました。
このメンバーは大学時代のスキー部のメンバーで構成されていて上記の子は私の後輩で今年から大学院生になるのですが、研究の方はいいんでしょうかねw?心配ではありますが、熱心にプランを練ってくれるのはありがたいことです。

 

今年は北海道を予定していますが、昨年はしまなみ海道をサイクリングしました。でタイトルにあるようにしまなみ海道の簡単な紹介とその時にとった写真の紹介をしたいと思います。

しまなみ海道は広島県尾道市と愛媛県今治市を結んでおり全長は約80kmにもなります。そして瀬戸内海の向島、因島、生口島、大三島、伯方島、大島の6つの島々とそれらを結ぶ橋をしまなみ海道を呼びます。

島の道路は青い線が引かれておりそこがサイクリングロードとなりますので地図がなくても島で迷うことがありません。
また、島々を結ぶ橋は自動車用道路、歩行者用道路、自転車用道路が用意されており安全に走ることができます。
さらに島には必ずサイクリングターミナルがありますので、そこで自転車をレンタルすることもできます。もちろん乗り捨ても可能です。私たちのメンバーの一人がママチャリしか持っていないとのことでレンタサイクルを利用したのですが、ママチャリだけでなくクロスバイクも用意されていますので参加していたメンバー全員でしまなみ海道をサイクリングすることができました。

DSC_1050

広島の尾道駅まで輪行し、そこからスタートです。まずは向島に行くために渡船に乗ります。乗車賃は70円です。

DSC_1053

島と島を結ぶ橋がすごい高さでそびえています。高所恐怖症の人はやばいかもしれませんね。当然この高さまで自転車で坂道を上ります。坂道はつらいですが、その分素晴らしい景色が待っていますしその後の下り坂の爽快感はたまりません。

DSC_1066

島の道路です。青い線が引かれているのがわかるかと思います。
また、海とすぐ目の前には島があるという光景も瀬戸内海だからこそ見れる光景です。

 

DSC_1095

この写真は愛媛県今治市の今治城から撮った写真です。右側にうっすらと見える橋がしまなみ海道です。

 

 

・私たちの旅のプラン
私たちは2泊3日でしまなみ海道のサイクリングに行きました。
1日目は尾道から大三島まで行き、民宿なぎさという宿に宿泊。
2日目は大三島から今治まで行き今治の観光をして、また大三島に戻り同じ宿に宿泊。
3日目は大三島から尾道に戻り、尾道駅から輪行。

 

・おいしかったお店
因島はっさく屋
因島にある大福屋さんなのですが、ただの大福ではなく中に果物が入っているんです。イチゴ大福はもちろん、はっさくやみかんが入っている大福もあります。サイクリングで疲れた体には大福の餡子の甘さと果物の甘酸っぱさのコンボがたまらなくきくんですよ。

 

 

とまあ以上になります。
しまなみ海道はやはりサイクリストの聖地と呼ばれているだけあって、道路もきちんと整備されていて非常に走りやすかったです。1年に1回いや何回言っても飽きない素晴らしいサイクリングロードだと思います。

 - 旅行