SHIROBAKO 第12話「えくそだす・クリスマス」感想

   

やっぱりこのアニメ面白い!!BDマラソンに参加してよかったと思える回でした。

以下、SHIROBAKO 第12話「えくそだす・クリスマス」の感想になります。

 

今回は、いや今回もしょっぱなからツッコミどころ満載でしたね。庵野秀明がモデルであろう菅野光明の元にみゃーもりが突撃するシーンでは、菅野光明の声が本人そっくりすぎてまさか本人を声優に起用したのかと一瞬思うほどでした。

庵野さんが声優をやるのは一度前例があるだけに、まさか今回もお願いすることに成功したのかとww。まあ結局違いましたが。

 

ってか菅野光明が座っていたソファーの色、初号機カラーですね。細かいな。

 

それと冒頭の麻雀接待シーン。
なべPすごいな。なんだかんだで他のアニメ会社からのオファーを一旦ストップさせて、2社に絞ってもらうところまで来ましたね。

 

この馬の作画は当初はCGでみーちゃんの勤めている会社に頼むというシナリオを予定したわけでしたが、そんなことにはなりませんでしたね。みーちゃんが会社を辞めるだけだったとは…。2クール目からはみーちゃんの就職活動と新しい職場での活躍にも期待。

 

 

そして杉江さんの起用。杉江さんの技術がどこかで活きるというシナリオは予想していましたが、まさか「えくそだすっ!」最終話で来るとは思いませんでした。

この起用によって杉江さん自身もアニメーターとしての仕事への新しいモチベーションになり、さらに若手のモチベーションや技術の向上にもなり、武蔵野アニメーションにより一体感が高まった気がして見ていて気持ちのいいものがありました。

私自身今の仕事を楽しめているおかげか、仕事をテーマにしたアニメ結構好きみたいです。最近気付きました。

昔では考えられなかったことですし、SHIROBAKOを見て胃が痛くなっている人もいるみたいですが、私としてはすごいモチベーションを得られて満足しています。来年の2クール目からもこの調子でお願いしたいですね。

 

 

あとSHIROBAKOのBD第1巻に収録されているブックレットの堀川憲司さんのインタビュー読みました。

SHIROBAKOという作品について語られているだけでなく、P.A.WORKSという会社がどのようにスタッフを育てて、どういった考えの下でアニメを作っているのかと言ったことも語られていて、会社の経営という視点から見ても参考になりました。

 

それとそのブックレットで、武蔵野アニメーションの制作進行であるタローについても語っていたのですが、タローのこと評価してましたねww。

なんでも制作1年目のタローであれだけやれればそれほど悪くないですし、怒られても委縮するのではなく、タローのように怒られても動じないくらい図太いと逆に可愛がってもらえるみたいですww。

ってかタローって制作進行1年目だったんだ…。ってことはみゃーもりと同期ってことか。今までそのことを言及するようなシーンありましたっけ?

 

 

それより武蔵野アニメーションは次のクールから制作進行は1年目のみゃーもりとタロー、それにベテランの矢野さんの3人しかいないけどどうすんだろ?
武蔵野アニメーションの次のクールの制作アニメも気になる。第三飛行少女隊の制作を担当できるようになるにしてももっと先にことでしょうし。

 

SHIROBAKO 第12話「えくそだす・クリスマス」の感想は以上になります。

ロロはミムジーへの告白が成功してよかったね。

ではまた。

 - 2014年アニメ