SHIROBAKO 第15話「こんな絵でいいんですか?」感想

   

新人が入ってただでさえ多い登場人物がさらに多くなりましたね。

以下、SHIROBAKO 第15話「こんな絵でいいんですか?」の感想になります。

 

入社式で以前面接をうけに来ていた人たちが武蔵野アニメーションに入社しましたね。制作進行で入社した2人だけかと思いきや入社式でスーツを着ていた人が結構いましたから、それなりの数を採用したんでしょう。

アニメ業界は入れ替わりが激しそうだから採用段階で多めに取るのではないかと。はたして何人残るのか…。

制作進行で入社した2人も後々やめたいとかそんな感じの話が出てくるのかな。

 

あと、絵麻ちゃんが通訳をしていた新しい原画マンの女の子ですが、よく見たら第12話で「えくそだすっ!」最終回納品し終えた後の飲み会で映っていたような気がします。

「えくそだすっ!」では動画マンだったのが、今回から原画に昇格になったんでしょうね。

ってか絵麻ちゃんがちゃんと先輩やってるww。

 

 

また今回はミムジーとロロがすごい喋ってますね。これまではみゃーもりの心情を代弁する役割を果たしていましたが、今回はそうじゃないと思いたいww。

もしそうだったとしたらみゃーもりの心が病んでるとしかww。

ま、まあなんの打ち合わせをしているのかの説明をミムジーとロロのかけ合わせにすることで説明のくどさをなくすために処置だという事ですよね、きっと。

 

あとりーちゃんは監督や演出と同じ部屋で作業をすることになるのね。
女子大生の頃から監督や演出と一緒に作業できるわけで、かなり貴重な体験ですよね。

ってかりーちゃん可愛いな~。なんだかんだでりーちゃんが一番好きなのか、俺。

 

 

そして今回のラストで告げられた原作者からキャラにリテイクで出たことによる全作業ストップ。

今回の冒頭で入社式を行っていましたから、劇中内は4月で「第三飛行少女隊」は秋アニメで10月から放送開始予定。

編集者が明らかに難ありで、しかも原作者もギブリでアニメ化したいと言っていたので問題が起きることは予想できていましたが、

「まだ放送開始まで5か月あるじゃん、割と早い段階で起きたな」というのが私の感想なんですが、なべPや葛城さんの表情からするに相当絶望的なタイミングでのリテイクなんでしょうね。

 

これどうやって解決させるんだろう?一応みゃーもりが主人公なわけですが、みゃーもりレベルの立場の人間がどうこうして解決する問題にも思えないし、どうすんだろ?

 

ただ原作者からキャラでリテイクが出たという事でもしそのリテイク内容にキャラクターの声のイメージと担当声優さんの声が合わないというものがあったら、ずかちゃんにもまだ「第三飛行少女隊」に出演するチャンスがあるわけですよね。

そんなわけで次回も楽しみで仕方ありません。

「ちゃぶだい返し」と言うサブタイトルが不安で仕方ありませんが…。

 

ってかさ前回のラストでみゃーもりがグロスお願いしに訪れたスタジオタイタニックでのやり取りはどうなったんだろ?

SHIROBAKO 第15話「こんな絵でいいんですか?」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 2015年アニメ