SHIROBAKO 第17話「私どこにいるんでしょうか…」感想

   

なんか最近私の中でタローの株が上がってきているような気がする。いや気のせいかな。

以下、SHIROBAKO 第17話「私どこにいるんでしょうか…」の感想になります。

 

アニメのPVってこうやって作られていくのね。もうできている素材から適当につなぎ合わせて作るならまだしもPVのために予定していた制作の順序を変えて作るとなると確かに現場の負担になりますよね。

 

私はあまりPVとか見ないんですが、アニメの「進撃の巨人」のPVを初めて見たときはすごい驚いた記憶があります。このクオリティで本当に作れるのかと。

まあ「進撃の巨人」は内容もそれに恥じないものだったと思うのですが、中にはPVで期待値あげすぎて失敗こいた作品も結構ありそうですよねww。

とはいってもショボイPVだったら期待されない分気楽かもしれませんが、注目されないでしょうからアニメ放送を見てもらえないかもしれないですし、難しいですね。

なんにせよスケジュールがタイトな作品は辛いですよね。

 

 

んでそのPV制作のために優先して作業するカットのお願いを新人制作進行の佐藤さんと安藤さんが担当の人たちにして回るシーン。

特に佐藤さんの対応とか、他の一般の会社なら普通の対応なのかもしれないけど、遠藤さんとか戸惑っているところを見るとアニメ業界では違うみたいですね。

思うに遠藤さんも色彩設定の新川さんも上からの指示である以上やらざるをえないことはわかっているんですよね。でもそれが大変な要求だから愚痴やらボヤキやら不満を口にしているんではないかと。

そこで制作進行は飴と鞭を使い分けてその気にさせなければならないんですが、佐藤さんは真に受けて上司である宮森に相談すると返してきたんでぽかんとした顔をしていると。

 

もちろんそれゆえに時として制作進行はタローが言っていたようにサンドバックになってしまうこともあるんでしょうけど。
(タローがサンドバック云々の話をしていた遠藤さんと下柳さんの問題の時は、自分がサンドバックになっているとタローが勘違いしているだけで、タローの伝達の仕方に大いに問題があったわけですがww。)

 

あとみゃーもりが一年目なのに優秀だと言われているのはこのクリエイターをその気にさせるのがうまいからなのではないかと思っています。

 

 

サブタイトルの「私どこにいるんでしょうか…」は新人の佐藤さんだったか…。

佐藤さんが朝礼で眠そうな顔をしていたから車の運転で事故るんではないかと思っていましたが、そんなことはならなくてよかった。

でも安藤さんと違って佐藤さんは特にアニメとかに興味無さそうだから途中でやめたいとか言ってみゃーもりに相談する回とかあってもおかしくなさそう。

 

 

平岡さんはタローのようなバカには弱そうですね。

みゃーもりと平岡さんとの相性が悪そうなだけにタローの存在はかなり大きいんじゃないかと。

第1話から原画があがってないのを報告してなかったり、遠藤さんと下柳さんの対立の問題の発端になったりとなかなかにトラブルメーカーなタローですが、最近は私の中で評価が変わりつつあります。「タローはバカだけど、悪いやつじゃないよね」と。

バカだからあんまり仕事できないけど、アニメ業界の制作進行と言う大変な仕事でも仕事を嫌がってなくて楽しそうにやっているのは大きいなと。

少なくともろくに仕事しなくて、責任追う立場になりたくないから手を抜いていて、そのくせ口だけは一丁前なやつらよりもマシですよね。

タローはドカベンでいうところの岩鬼みたいな存在なのかなと思ったりしています。

明訓高校で監督も務めた徳川監督が「岩鬼は明訓にとってガンであり宝でもある。」と発言していましたが、タローも武蔵野アニメーションにとってガンであり宝であるのかなと。

さすがにそれは言いすぎかww。

 

 

次回のサブタイトルは誰のセリフなんだろうかね。

予告映像からするに「第三飛行少女隊」制作のために武蔵野アニメーションがグロスの依頼をしているスタジオタイタニック絡みの話だと思うんですけど。

SHIROBAKO 第17話「私どこにいるんでしょうか…」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 2015年アニメ