<現在資産150万>30代独身非正規の男がセミリタイアを目指す

セミリタイア、副業、旅について書いています。

セミリタイアのために その1 固定費

皆さんは「両学長 リベラルアーツ大学」というYouTubeチャンネルをご存じですか?
自分はそのチャンネルを2019年の3月ごろの知ったのですが、お金や自分の人生について見つめ直すいいきっかけとなりました。
また漠然と考えていたセミリタイアについて実現のために真剣に考えるようになりました。
 
 
今回の記事では両学長の動画のアウトプットも兼ねて、セミリタイアのために必須となってくるお金に関する事柄を挙げて、自分の現状を書いていきたいと思います。
ということでタイトルにあるようにその1は固定費についてです。
 
 

1.なぜまず固定費からなのか?

 
セミリタイアを目指すためにまず固定費から見直す理由は主に2つあります。
 
・1つ目はセミリタイアのハードルが下がるからです。
 
1か月10万で生活できるなら年間120万。
1か月20万なら年間240万
1か月40万なら年間480万もかかります。
 
そもそもセミリタイアに明確な定義があるのかよく自分でもわかっていませんが、私としてはほどほどに小遣い稼ぎ程度に働きながら、自分の時間を謳歌することだと認識しています。
完全に仕事を辞めるリタイアとは違いある程度の収入は残しておくのがセミリタイアです。
とはいっても固定費を削減して生活費を下げることができれば、セミリタイアのために貯めなければいけない資産もセミリタイア後に稼がなければならない小遣いの額も少なくてすみます。
 
ですので、1秒でも早くセミリタイアしたいと思うのであればまず固定費から見直すべきなのです。
 
 
・2つ目は少ない労力ですぐに効果が表れるからです。
 
例えば私は携帯をドコモから楽天モバイルに変更したところ月6000円の節約になりました。年間で72000円です。
手続き自体はドコモに解約の電話とパソコンで楽天モバイルの手続きをやるだけです。1日もかかっていません。それだけで年間72000円の節約です。
 
これだけの額を節約ではなく稼ぐとなったら、もっと手間がかかります。
転職なら転職サイトに登録して、求人にエントリーして、履歴書と職務経歴書を書いて、面接して、と転職までやることが多く期間も1か月近くかかってしまいます。
また副業でなにかビジネスを始めるとしても、どんなビジネスをやるかにもよるのですが、例えば即金性の高いせどりでも初心者がいきなり1日で稼ぐというのは無理があります。というか私だったら絶対無理!!
 
 
 
 

2.チェックするべき4つの固定費

 
固定費をチェックするうえで気を付けることは少ない労力で大きく節約できるものからチェックしていくことです。
よく節約となると電気水道ガス食費などを思い浮かべることが多いかと思いますが、これらは毎日節電節水のために意識しなくてはならない割に節約額が大きくなく、割に合わないですし、心が荒みやすいのであまり気にしなくてもいいと思います。
また夕食のおかずを一品減らすなどの節約は、それによって栄養バランスが崩れて体調を悪くして医療費を払う羽目になり本末転倒となる可能性があるのでこれもおすすめしません。
 
ということでチェックすべき4つの固定費は、
 
・住まい
新築のマイホームをローンを組んで購入しない。
 
 
・車
高級車や無駄にデカくて、燃費が悪く、税金が高い車を購入する必要なし。
通勤にしか使わないなら、中古車で十分。
首都圏ならレンタカーとカーシェアとタクシーをうまく使い分けて代用したほうが圧倒的にお得。
 
 
・保険
積立保険はぼったくりなので加入しない。
 
 
・通信費
3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から格安SIMに変える。
 
 
上記4点になります。
ざっくり書いた注意事項を守るだけでもかなりの節約になるかと思います。
 
 
 

3.自分の現状の固定費

 
これら4点の固定費の自分の現状を確認してみたいと思います。
 
 
・住まい
実家住まいなので家賃の支払いもなし。マイホームを購入予定もなし。
また長男なので、いずれ実家を相続することになるので今後も実家に住む予定。
 
 
・車
2年半前に購入者した新車の軽自動車のローン月24000円の支払いがまだ残っています。
店舗せどりで車にはかなりの頻度で乗りますし、また遠征などで高速を使い遠出することもありますので、軽自動車ではなく普通車のコンパクトカーにしてもよかったと感じています。店舗せどりをする人間にとってはある意味仕事道具みたいなものなのでそういう意味ではそこまで出費をケチらなくてもいいかなと思っています。
とりあえず今の車は乗り潰すつもりでいて、次に購入する車はコンパクトSUVを新古車で探して購入する予定です。
 
高級車や燃費が悪い車、税金が高い車は購入する予定はありません。
 
 
・保険
実家住まいなのでおそらく両親が火災保険には加入していると思いますが、私は加入している民間の保険は
 
イーデザイン損保の自動車保険(年間55000円)
楽天カード超かんたん保険の持ち物プラン(月200円)
 
の2点です。
任意の自動車保険はネットの一括見積でダイレクト型のイーデザイン損保にしました。
ゴールド免許なのですが、店舗せどりなどで年間走行距離がかなりいってしまうので結構高額です。
これが代理店型ならもっと高額になっていたと思います。
 
楽天カード超かんたん保険の持ち物プランは楽天ポイントせどりのSPUのために加入しています。
 
 
・通信費
携帯は楽天モバイルで契約しています。月2600円です。
 
 
 
ということで以上は私の固定費4点の現状になります。
 
マイホーム、特に新築となると購入した瞬間2割から3割価値が落ちるといわれていますし、そんなものに35年もローンを組んで購入するつもりはないですし、保険も積立保険のようなぼったくり保険に加入するくらいならインデックスファンドを購入しますし、携帯も格安SIMの楽天モバイルで不自由を感じたことはありません。
 
もし首都圏の住んでいて、車を必要としないビジネスをやっていたら、車を持たずにレンタカーとカーシェアとタクシーをうまく使い分けて代用していたと思います。しかしながら店舗せどりで車が必要になるので、どうしても車関連の出費がかかってしまいますが、そこは仕方ないと割り切っています。
 
 
 

4.最後に

 
マイホーム、車、保険、携帯、すべてテレビのCMでよく流れていて馴染みのある事柄です。またそれだけによく考えずに当たり前だと思い込んでいることってあると思います。
でもそこで思考停止せずにきちんと自分で調べて、損得勘定をしてみると、もっと安くて利便性も損なわれない方法だったり、加入する意味のない保険に気づけたりと節約できる箇所が見つかるかと思います。
 
なんか自分へのアウトプットとして書き出したはずが人様に言い聞かせるような文章になってしまった気がしますが、まああまり細かいことは気にしないでおきましょう。
とりあえず上記4点の固定費を見直せば家計によっては年間50万~100万ほどの節約になると思いますのでバカにならないです。
 
年間100万円の節約を取るか、綺麗なマイホームや高級車を所有することによる周囲からの羨望のまなざしを取るか…。
私なら迷わず100万を取ります。何はともあれ金ですよ、金(笑)。